「自分責め」を捕まえろ

ビリーフリセットカウンセラーのあらいです。

ここで生き抜いてくために本音を押し殺して周りに合わせて生きてきて。

周りから浮いてしまったり、成果が上げられなかったり、思い通りにいかなかったりすると

全て自分のせいにする。

  • 私が甘かったから
  • 私が至らなかったから
  • 私が気が利かないから
  • 私の努力が足りなかったから
  • もっとこうしていればよかった
  • こんなことしなければよかった
  • あんなこと言わなければよかった

ちょっとしたことでも自分を責めている。

 

まずはそのことに気づこう。

本当に自分が悪かったのかどうか、なんてどうでもいい。

とにかく気づこう。「自分責め」を捕まえよう。

気づきはじめるとびっくりする。

「こんなに日常的に、無意識に、自分を責めていたのか」と!

 

「あ、今、自分を責めてる」って気づくだけでいい。

気づくだけで「責めるエネルギー」は半減しているから。

「それほど責めることでもないな」と気づくから。

そして勇気を出して「自分を責めてしまう感情」をスパっと切り離す。

 

なぜ「勇気を出して」なのかというと・・・・実は・・・

自分を責めてる方が楽、という思いが心の奥底にインプットされているからです。

自分を責めていれば周りから責められない感じがしたり

「そんなことないよ」と慰めてもらえる感じがしたり

否定されない感じがしたり。

 

逆に

「私はちゃんとやっています」

「やることはやりました!」

と自分を肯定して公言する方が怖かったりする。

 

そんな「自分責め」が標準装備されて日々を積み重ねている人のなんと多いことか。

 

でもこれ、ほとんど勘違いなんです。

あなたは甘くないし、至らなくないし、気が利かないわけでもないし、努力が足りないわけでもない。

そうでしょ。だって、それなりにやってきたでしょ。

 

こう思うのはいかがでしょう。

 

あのときの私は、あれで精一杯だった。

あのときの私はそうするしかなかった。

あのときの「一生懸命」だった。

そこが腑に落ちると

「ああ、結構頑張ってたじゃん、私。」

「大変だったのに、辛かったのによくここまでやってきたじゃん。」

と、責める感覚が薄れます。

 

こんなに混沌と複雑化された社会で、よくやってますよね、私たち!

責めていることに気づいたら、

「よくやってるよね」に転換し自分を褒めてあげましょう〜

 

私の「自分責め」の気づきから「変容」への体験談↓

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。