「世界で一番のねこ」

娘が図書館でみつけて「ママが好きそう」と借りてきた絵本。

読んでみたらまさにビンゴストライクでした。

 

ブログ記事にするにもどこまでネタバレしていいものやら。

「これくらいならOKかな~」という範囲でシェアしますね。

 

あくまでも私の解釈ですが、この絵本のテーマは「自己犠牲からの解放」です。

 

飼い猫として、飼い主の望む姿でいることがあたりまえの日常。

しかしその期待に沿えなくなったとき捨てられてしまう。

 

二人目の飼い主は、また別の理想像を猫に期待する。

猫は「その期待に応えないとまた捨てられてしまう」という怖れを抱きながら期待に応えなくてはと奮闘する。

しかし、二人目の飼い主はそうでなくても変わらぬ愛情を示してくれた。

その驚きと嬉しさ。その安心感の中で、猫は本来の力を発揮でき夢中になれるものを見つける。

それをもっと追求したくなり、そのためには旅立つ必要があった。

飼い主を悲しませることになるとあきらめかけたが、

「おまえのじゃまはしない」

「どんない離れていようとも、どこにいようとも、おまえは私の世界で一番の猫さ」

と背中を押してくれた。

その確かな愛情を受け、「どこでもがんばれるような気がする」エネルギーを蓄えて

猫は旅立つ。

めでたしめでたし・・・・

(ん~詳細を書かなくても内容は思い切りネタバレになっているかも(汗)。)

 

小さな絵本一冊の中に、猫の立場、飼い主の立場、双方から幾多のメッセージを受け取ることができて

良作だなと思いました。

↓興味が湧いた方は是非本を手に取ってみてくださいね。

「世界で一番のねこ」

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。