情報選びの取捨選択

今日は藤尾留利子さんの「環境健康学講座」を受けました。

藤尾さんは食・健康・環境・・・ご自身の経験から、人々がよりよく生きるための探求をし様々なスキルを身に付け、実際に取り組んだことで裏付けが取れたことをもとに情報発信していらっしゃいます。

今日の内容をざっと紹介

内容が盛り沢山で、自分のノートを見返して何をどこまで紹介すれば良いのかまとまりません。詳細を知るのは実際に聴講するのが一番です。

ここには心に残ったキーワードを紹介します。

〇環境汚染=体内汚染

〇有害化学物質の毒性の強さ・世代を超えて

〇体内への侵入は「経口」「経気」「経皮」

〇食物・日用品、広範囲に広まっている有害物質の摂取をゼロにするのは困難

〇有害なものを体内に入れない尽力・入れてしまったものは出す・必要な栄養を摂取する

藤尾さんの願い(未来の子供と地球のために)

〇安心して元気に生きていくために本当の情報を正しく理解してください

〇未来の子供たちに地球を残すためにライフスタイルを見直してください

 

講座を聴いて「うわあ、大変だ!」と何もかも生活を変えるのは困難ですし、かえってストレスになります。環境に配慮した商品を選んだり、食の改善に努めながら、まずは「賢い消費者」になりたいと思います。

何を信じるのか

情報は様々な経路で流れてきます。一つの物事でも様々な見解があります。称賛されてもアンチが出て来たり。マスメディアは情報を伝えているけれど伝えていないこともあります。

「何が正しいのか」が分かりにくい現代、「何を信じるのか」は、個人の責任・裁量にかかってきます。例えばこの講座も、アンチな視点で見れば「不安を煽っている」と取れなくもない。でも、私はここで伝えていただいたことを今後大いに参考にしていこうと思いました。

この情報を選択した理由

一番の理由は「感覚」です。自分の感覚が「OK」を出したからです。

ここ数年、私が学ばせていただく人・意気投合して深いご縁をいただく人は、ある傾向があります。

〇困難な時期を乗り越えてきた人

〇多数派の視点を鵜呑みせず独自の探求を重ねている人

〇ミッションを掲げている人

〇独自の道を切り開いている人

時には誤解を受けたりアンチな視点が出て来たりもするでしょう。それでも、ご自身のミッションを掲げ続ける・・・ん~、力強さ?・・・・ん~軽やかさ?そうだ、合わせて「力強くて軽やかに」歩み続けている人たち。なんです。

藤尾さんもその一人。そんな印象を受けました。

そんなご縁の1つ1つを大切にしながら、これからも好奇心の赴くままに動き学びたいと思っています(^^)。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。