どんなに辛いときも「自分の勘」と「導かれている」ことを信じてみよう~不登校思い出話~

ビリーブリセットカウンセラーのあらいです。

今日は、娘が不登校になり不安で怖くて辛かった時期の話をしてみたいと思います。

 

5年前までの私は

  • 多数派社会の構造・考え方しか知らなくて
  • そこでバランスを取る生き方しか知らなくて
  • 波風立ててはいけないと思い込んで
  • 人に意見するなんて以ての外で
  • 「怒り」の感情をしまい込んで
  • 理不尽な扱いを受けたときは感情をフリーズさせて
  • 成果を出して承認されて自分のエゴを満たすと同時に人の役に立っていることを良しとして

生きていたので、

優秀で順調に来ていると思っていた娘が急にバーンアウトし学校に行けなくなったときは

頭が真っ白になりました。

何が何だか分からなくて理解不能で毎日泣いて。

部屋で寝込むことしかできない(昏々と眠り続ける)娘に対して何の手の施しようもなく

日々の家事や仕事がまともに手が付かなくて右往左往するばかりでした。

まず行動したこと

そんな状況の中でまず起こした行動は「ヒントを与えてくれそうな人に連絡し相談する」でした。

その時の「この人」とピンと思い浮かんだ人たち。

本当に大きなヒントを私に与えてくれました。

そこから何を学んだか

娘と同様、学校や組織に生きにくさを感じながら、時には挫折し、

そこから再生して大人になり羽ばたいている人たち。

自分の世界を創り上げた人たち。

彼らは多数派社会を俯瞰する感覚を持ち合わせていました。

 

私のように多数派社会にどっぷり浸かっている人との視点の違いや

俯瞰することで多数派社会の構造をどうとらえているのかを話してくれました。

そして、多数派社会のレールから外れて独自のやり方で道を切り開いている人々を紹介してくれました。

怖れを抱かず心の赴くままに生きる人たち

怖れを抱かず心の赴くままに生きる人たちはいるところにはいるもので。

道なき道を突き進む。

やりたいからやる。それだけ。周りの評価や世間体関係なし。

全ては自分の心の赴くままに。

だから、彼らにの辞書には「失敗」という文字がない。

不思議なほどになんとかなっている。

表情も清々しい。沢山の面白い武勇伝を語ってくれました。

目からうろこのとらえ方

不登校になった娘を当時の私は

  • メンタル弱くて
  • 社会不適合者で
  • お先真っ暗な子

としか思えませんでした。しかし、娘の話を聞いてくれた方々は

  • 多数派社会の不完全さが見えて
  • 自分の心に正直で(嘘を付けなくて)
  • 世の中の改革者足り得る子

というとらえかたをし、娘の在り方・感覚を全肯定してくれたのです。

それが私の観念・価値観を大きく揺るがすきっかけとなりました。

どちらの側面を信じるのか

お母さんの枠では「ダメな子」でも、反対の側面から光をあてると輝かしい個性にもなります。

どちらを見るのか。どちらを信じて我が子を見守るのか。

これは大きな分岐点となります。

 

「自分の子はダメだ」という感覚が拭えないお母さんは

お母さんの心のクリアリングも大切ですが、それと同時に

違う側面からの視点を持ち「あなたの子は大丈夫」と言ってくれる人と会い

話を聞くことをお勧めします。

 

誰にでも「道案内のシナリオ」が敷かれている

抜け道が全く分からず暗中模索する中で

力になってくれる人が近くにいたり、

メンター的なキーパーソンと出会ったり、

何気なく手に取った本が心に灯を与えてくれたり。

偶然のような必然が重なり、道案内のシナリオが敷かれていたようだと

後になって実感します。

これは私だけでなく、辛い時期・大きな壁をくぐり抜けた多くの人たちが

異口同音に言っていることです。

 

その道案内に乗るには、自分の

「なんだか知らんけどそう感じる」「なんだか知らんけどそうしてみたい」という

根拠のない直感を信じて動いてみることです。

そこに「なぜ」という理屈は要りません。

「本当に大丈夫なの」という疑問も要りません。

今まで擦り込まれた「正しさ」「常識」のようなものは勇気が要るけど振り払い

「心のままに従う」をやってみてください。

 

どんなに辛いときも「自分の勘」と「導かれている」ことを信じてみてください。

時間がかかるかもしれない。後戻りしたくなったらしてもいい。

あなたのペースで少しずつ、少しずつ、たぐりよせるだけでいい。

「大丈夫」に気づくときが必ずやってきます。

 

心の仕組み・ビリーフについて学んでみませんか?

富山で入門講座を開催します↓

Facebookからも申し込めます→ここをクリック

大塚あやこさんと初級講座をします↓

第2期ビリーフリセットカウンセリング・プロコース受講生が東京で入門講座を開催します↓

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。