ビリーフとは・ビリーフリセットとは

ビリーフとは

ビリーフとは、その人の持っている「思い込み」「信じ込み」「固定観念」です。

本人にはあたりまえすぎて、「その考えを持っている」ことさえ自覚していません。心の奥底(潜在意識)にインストールされている、とも言えるでしょう。

赤ちゃんは泣きたいときに泣いて「お腹が空いた」や不快感を表現します。幼い子供は笑いたいときに笑い、泣きたいときに泣き、感情をそのまま表現します。

それがいつからか、自分の置かれた環境を感じ取るようになります。お母さんの反応・周りの反応を見るようになるのです。その反応を自分なりに解釈し、独自のビリーフを作ります。

例えば、

「期待にこたえなければがっかりされる」

「役に立たないと価値がない」

「能力を高めなければ認めてもらえない」

これはほんの一例にすぎませんが、このようなビリーフをインストールし、本当の思いを封印して、「こう在りたい自分」から「そう在らねばならない自分」にシフトしていきます。そして、その人の行動パターンに影響を及ぼします。

ビリーフは玉ねぎの皮のように何層にも重なっていきます。

「belief」を訳すると「信念」「確信」「考え」。そして、「確実な証拠なしに真実を認めること」という意味もあります。

「確実な証拠なしに」・・・私たちが認識するべきはこの点です。自分の考えが真実であるというのは錯覚で、実は確実なものではないのです。

悩みや行き詰まりの原因は

ここまでお読みいただくともうお分かりかと思いますが、どんなビリーフを持っているかは十人十色・千差万別です。そこを認識せずに自分のビリーフを軸に生き続けていると、「なんで?」「どうして?」ということが起こりやすくなります。大きな壁に遭遇することも不思議ではありません。

今までの経験や知識だけではどうにも事が運ばない。どうしたらよいのか分からない。

そこで自分の心を見つめる(内観)するタイミングがやってきます。

ビリーフリセットカウンセリングとは

悩みや行き詰まりは、「周りが原因」なのではなく「自分が原因」しています。自分が握りしめている「ビリーフ」が原因しています。

しかし、ビリーフは心の奥底に潜んでいるので、自分で探り出すのは困難です。

そこで私たちビリーフリセットカウンセラーは、クライアントさんの話を傾聴しその人のビリーフを特定します。それを潜在意識から顕在化させ、「その考え」を俯瞰するのです。

ビリーフはその人が生き抜くために、保身のために身に付けた鎧のようなもの。なので真っ向から否定できるものではありません。

が、それが今、生きにくさの原因となっているなら、取り外す勇気も必要です。

私たちビリーフリセットカウンセラーは、ビリーフリセットワークをはじめとする様々な手法を通して、ビリーフをはずすお手伝いをします。

ビリーフがリセットされるとどうなるのか

ビリーフリセット・・・「思い込み・信じ込み」の初期化です。

インストールされたものをアンインストールする。

「その考え」と「私」は一体ではなく切り離すことができます。「その考え」が初期化されると、それはつまり、信じ込み・執着がなくなるわけですから新しい景色が見えはじめます。

すると、今までの悩みが悩みでなくなったり、周りの見え方が変わってきます。

「大丈夫」という信頼感のステージに乗ることができます。

玉ネギの中心には・・・

玉ネギの皮のように重なっているビリーフが一枚一枚はがれて、その中心には何があるのか・・・それは、「真我」・「本当の私」です。そこにアクセスし真我に従って生きると決めた時。それが「自分主体で生きる人生」のスタート地点です。

「そう在らねばならない自分」から「こう在りたい自分」へ、人生のステージが変わるのです。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。