あなたの子供はダメにならないしお母さんもそのままでいい・1

真顔(風)の猫を載せてみました。本題に入ります。

 

「あの人はなんでこうなの!」

「なんでこんなことを言うの?」

「どうしてそんなふうに思うの?」

「信じられない!」

と、人を判断してイライラしてしまうこと、ありますか?

そんなとき、私は↓こう思うことにしています。

「感じ方に『良い悪い』や『正しい正しくない』はなく、その感じ方はその人にとって重要・真剣なものなんだ」と。

すると、自分と人の心の境界線がハッキリし、イライラが静まり感情の波も穏やかになります。

相手の心をコントロールすることをとことん諦めるのです。

「(人の心をコントロールすることは)どうあがいても無理」を自分に納得させるのです。

 

これ、子育てにもあてはまります。

「うちの子、なんでこうなの」

「この子はこんなことばかりしてどうなっちゃうの」

という、お母さんがハラハラする子供の言動。

それは、「子供がハラハラさせている」のではなく、「お母さんがハラハラしている」に過ぎません。

お母さんの心の投影として、その子が映し出されているのです。

つまり、お母さんのもともとの性質と、今まで頑張って身につけた「生き抜く術」から培われた「こうあるべき」という枠が映像元になり、我が子がその枠から外れていたり、その枠の外で伸び伸びしていたりするととても不安になるのです。

 

でも大丈夫です。「これで大丈夫なの?」と不安に感じるあなたのお子さんは、ダメにはなりません。

きつい言い方をします。ごめんなさいと謝っておきます。

その子をダメにしているのは、その子を不安に感じている、ダメと思っているお母さんです。

そもそも「ダメ」ってなんでしょうね?

「ダメ」って、個人個人の中で設定している幻想・錯覚に過ぎません。

「ダメ」はお母さん個人の設定です。常識でもなく万人にあてはまるものでもありません。

 

不安に感じているお母さんの気持ちは子供に通じますから、子供は自然体でいられなくなります。

「いい子」という仮面をかぶる時期もあるでしょう。我慢できなくて反抗することもあるでしょう。

「そのまま」でいるだけで、なぜお母さんに怒られるのか?

「そのまま」でいるだけで、なぜお母さんを悲しませるのか?

子供の悲しみは計り知れません。

 

それでもあなたの子供であり続けるのです。

無意識レベルであなたの愛情を切望し続けているのです。

どうか、ありのままの、そのままの子供を愛してあげてください。

「このままじゃダメになっちゃうよ」ではなく

「何があっても大丈夫」を伝えてあげてください。

 

・・・・・でもね。

それが出来れば苦労しませんね。

我が子を受容したいのはやまやまだけど。

それが出来ないから、困っているのですよね。

どうしてもOKを出せない。我が子を「OK」とは思えない。

お母さんも悩みますよね。

長くなったので、お母さんの心にフォーカスするのは次の記事で。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。