不登校の子を学校に行かせることが本当に正解なの?「子供の本質を開花させる母さん塾」開催します。

ビリーフリセットカウンセラーのあらいです。

 

学校に馴染めない。行き渋る。不登校。

どうやらこの子は「学校」という場が合わないらしい。

登校させることが解決にはならないらしい。

行き渋りや不登校のお子さんを持つお母さんの中には、このように感じている人、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

学校に行けない理由は子供の個性が大いに関係している。

担任の先生は登校させるためにいろいろ働きかけてくるけれど「登校しなさい」と言うのもなんだか違う気がする。

「発達障害」とか「治す」とかいう括りにするのも違う気がする。

でもこのまま学校に行ったり行かなかったりを続けてていいのかな。

子供の思い通りのままでいいのかな。

登校を促さない私はダメな母親なのかな?

 

私はこう思います。

そのお子さんは時代を先駆ける・時代を切り開く「未来型」なのかもしれません

既存のシステムに収まらない子なんです。

ただ座って先生の話を聞く授業形態とか、集団行動とか、決まりごととか。

「みんなのあたりまえ」がお子さんには「なぜ?」になるんですね。

みんながスルーできることがスルーできない。納得できないことはやりたくない。

 

でもそれは、ダメなことでもないし弱いことでもありません。

感度高く純粋なエネルギーの持ち主なんです。

自分の心に嘘をつけないだけ。ただ正直でありたいだけ。

 

だから私は思うのです。

学校に馴染めない・行き渋る・不登校。

これって、ダメなことではなくてむしろすごいことじゃないですか?

「自分の本当の気持ちに従って生きる」をやっているのですから。

これからの時代を先駆ける未来型の子だと思います。

これからは「本当の気持ち」に従って生きるのがあたりまえの時代になっていきます。

そのことに気づいた大人たちがそれまでの自分の枠や殻を破って「本当の気持ちに従って生きる」を始めています。

 

でも見守るのは大変です

でもそのような子を見守るのはそれなりに大変です。

今までの「常識」「普通」は通じないのでお母さんの気苦労も絶えません。

 

私は、子供が病気でもないのに「欠席します」「遅刻します」と学校に電話するのがプレッシャーでした。

担任の先生から「もっとちゃんと(娘と)話してください!」と強く言われて心が折れそうになったこともあります。

その一方で「決まった時間に登校して時間に制約があるのがイヤだ」という娘に「え、そんなこと思うの?」と驚いたり戸惑ったり。

朝、あたりまえに登校している他の子たちを見て「いいなあ」と思ったりもしました。

 

こんなとき、お母さんって孤独ですよね~

 

でも、娘のことが分かれば分かるほどにハッキリするのです。

未来型の子供の性質は、変えるとか治すとかいうものではないんですね。

お母さんのせいでもありません。ただ、その子がそんな性質だった。それだけなのです。

 

そこでこんな問いが立ちます。

子供が変わらない(変われない)ならどうしたらいいの?

子供が変わらない(そのまま)→お母さんは気苦労が絶えず不安を抱えたまま

そう考えるとどんよりしますね。このままの状態が続くのはしんどいなあ・・・

 

そんなお母さんの窓口になりお役に立てればと思い、

「未来型の子を持つお母さん」が集い、学び、分かち合う場を作りました。

題してブログタイトルそのままの、

「(未来型の)子供の本質を開花させる母さん塾」。

「未来型の子」の基準はありません。

「未来型」と聞いてピンときたお母さん、「うちの子そのタイプかも」とお思いになったお母さんは全て対象者です。

「塾」としていますが堅苦しいものではなく、お母さんが気軽に参加し学び合える場にしたいと考えています。

ビリーフリセット心理学をベースにしています

いかにも未来型の子供のことが分かっているかのように私はこの記事を書いていますが、以前は「学校に行くのがあたりまえ」「不登校なんてとんでもない!」という固定観念バリバリの母でした。

そこから未来型の娘を理解するまでに、実は並々ならぬ苦労がありました。

過去記事をピックアップして並べてみました。よかったら読んでください↓

〇優秀で順調だった娘がバーンアウトした日
どんなに辛いときも「自分の勘」と「導かれている」ことを信じてみよう
〇お手上げ状態の中で気づいたのは「私の考え」
我が子の不登校を辛いものにしているのは「私の考え」だった
〇究極のビリーフリセット・
娘が一生引き籠りでもいいと覚悟を決めたとき
〇鎧を脱いだ母と娘
プロコース修了と娘と動き出した船(旧ブログ(Yahooブログ)にリンクします)
〇「好きなことをさせてくれてありがとう」「幸せでいてくれてありがとう」
娘の言葉・私の言葉

 

そんな大変な時期を乗り越え、今ここに至っているのはビリーフリセット心理学に出会えたからです。

「ビリーフリセット」とは、ビリーフ(潜在意識にインストールされた思い込み・信じ込み)をリセット(初期化)すること。

「ビリーフリセット心理学」は大塚あやこさんが考案し、誰でも理解できるようにビリーフを細分化・体系化したものです。

 

ビリーフリセット心理学をベースとしながらお母さんの心のケア・学びのお手伝いをします。

講師・あらいかずこのプロフィールはこちら

こんなお母さんにおすすめです。
〇「自分の子供はこれでいい」と思いたい
〇我が子との接し方・関わり方が知りたい
〇私の心もスッキリしたい
〇本音で話せる仲間と出会いたい

子供の本質を開花させる母さん塾・開催概要(お子さまの年齢は問いません)

【講座内容】

〇未来型の子供について考える

〇不安になる心の仕組みとビリーフについて

〇公開カウンセリング

【日時】 

〇12月8日(土)13:30~17:30 

 

【会場】高崎駅近くの会議室(申し込まれた方に詳細をお知らせします)

【受講料】7,000円(銀行振込。申し込まれた方に詳細をお知らせします)

【定員】 8名 ※お父さんも大歓迎です

 

【キャンセルポリシー】

当日から11日以前・全額返金いたします。

10日~6日前・50%

5日前~前日・80%

のキャンセル料を頂戴いたします。

当日キャンセルは返金いたしかねますのでご了承ください。

お申し込み/お問い合わせフォーム

(折り返し返信いたします)

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。