自分のチューニング合わせは少しずつ・私のビリーフリセットカウンセリング料金を「お気持ち制」にした経緯(前編)

意識が目を覚ます時、

「人生で自分が何をやりたいか」よりも、

「人生が自分に何をさせようとしているのか」

ということに気づきます。

(しみずたいきさん「行き抜いて、息抜いて、生き抜いて」より)

 

ここのところ、カウンセリングの料金設定について迷う日々でした。

私のカウンセリング料は120分18,000円(でした)。

高額と思われる人、低額と思われる人、様々でしょう。

公共の相談窓口以外の(私設というのかな)カウンセリング料は総じて高額で、万単位はあたりまえ。

私の額が特別高いとは言えません。「安いね」と言われたこともあります。

 

認定後、思考錯誤もありながら、

興味惹かれることは飛び込んで学び自分の心をさらにクリアリングし続ける。

そんな日々の中で、ビリーフリセットカウンセリングの深みや結果を出す精度の高さ・真実性に

ますます信頼・確信を抱いています。

私自身の在り方もますますしっくりしてきました。

 

「周りの事象は自分自身へのメッセージ」

この言葉は心理の世界の考え方ですが、ここにきて

「うーん、これは私に何のメッセージを送っているのだろう?」と疑問を抱く状態が続いていました。

事象その1・集客に繋がらない・でも違和感に蓋してまでビジネスライクになりたくない

カウンセラーを続けるぞーという思いは高まっているのにスキルも高まっているのに

正規料金でのカウンセリングのお申し込みは今まで数えるくらいでとても少ないです。

講座もここ最近お申し込みになかなか繋がらない。

ここは分母(認知度)がまだ低いからしょうがない部分でもあるのですが。

 

じゃあ集客するためにビジネスとかマーケティングとかを勉強すればいいのだけど・・・する気になれない。

でもビリーフリセット心理学を必要とする人は潜在的に沢山いるはずだしその人たちと出会いたいので、

もともとマーケティングの専門家でビリーフリセットアドバイザーの牧野めぐみさん(めぐちゃん)に

アドバイスをお願いしたり、

ものくろさんのセッションを受けてこのホームページをバージョンアップしたりと、

私なりの「企業努力」はしているんです。

これらの「種」は植えたばかりなので芽が出るまでもう少し時間がかかるでしょう。

 

でもね。それ以上のことはしたくない。

戦略を練るとか、「稼ぐ」フェイズに入る・・・という気になれない。

そこ、私の中の「男性性」を大きくするとか、もっとなんとかしなくちゃなのかなあと思う時期もあったけれど、

やっぱり違う。なんか違うのです。

事象その2・お金に余裕がなかったり困っている人と出会うことが多い

心の仕組みに興味を持ったり、辛い状況をなんとかしたいと声をかけてくださるお母さんたち。

または「知り合いで不登校のお子さんで悩んでいる人がいる」とご紹介していただいても、

18,000円を飛び越えてくる人がいません。

シングルマザーでお金に余裕がない、という人とも多く出会います。

自分のためにお金を使う余裕がありません。

 

でもよくよく考えると、

子育て中に万単位のお金を(しかもカウンセリングで)使うことに躊躇する・ためらう人は

多くいてあたりまえです。

だから、私のカウンセリングに来る人は相当困っている人か、既に心の深掘りが進み必要性を理解している人たちです。

 

これらの事象から私に送られてくるメッセージの候補は

2つ考えられます。

〇高い料金のままで「稼ぐこと」に許可を出しなさい。この料金を飛び越えてコミットしてくる人を相手にしなさい。

〇(最近明るみになった「稼げない私はダメ」というビリーフがあるので)稼がない自分でもOKを出しなさい

 

で、どちらなのかが分からなかったのです。

でも実は、潜在的に答えは出ていました。

その思いは自宅サロンでの入門講座で沸々と湧きあがるように顕在化しました。

「私が楽しい」最高の時間

「講座レポ」のカテゴリーに立てつづけに4つ、入門講座の記事を書いています。

お母さんたちの気づきや枠が外れる瞬間が私の至福でもありました。

無条件に受容し認め合える場。

みんなで次元上昇していくような波動高い空間になり、嬉しくて楽しい時間でした。

 

そんなプロセスを踏みながら、

私の心の振り子は2つ候補の後者のメッセージ(稼がない自分でもOKを出しなさい)に大きく傾きました。

お金は私が稼がなくても生活していける。

それよりも自分の心が震える時間をどんどん作りたい。

必要とする人、多くの人と分かち合いたい。

そして、冒頭に記した

「人生で自分が何をやりたいか」よりも、

「人生が自分に何をさせようとしているのか」

という核心にいよいよ近づいたのが、6日、ビリーフリセット®ワークショップ。

そして終了後の、ビリーフリセット協会代表理事のあやさんと仲間とのお喋りでした。

つづく~~~~↓下をクリック

私のビリーフリセットカウンセリング料を「お気持ち制」にした経緯(後編)

 

お知らせ・「お母さんのためのビリーフリセット心理学 入門講座開催します

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。