不登校かけこみカウンセリング受け付けます

3学期が始まりました。

昨年から始めた「不登校かけこみカウンセリング」を今回も呼びかけたいと思います。

カウンセリング料は「お気持ち金」制です。

 

私は子供2人とも不登校経験があります。

が、そのタイプ(不登校となる動機)が違っていました。

娘は学校という制度そのものが合わないタイプ。

息子は学校に行ってみんなと過ごしたいのに別のストレスが溜まって行けなくなったタイプ。

なので対応はそれぞれでした。

 

その子にとって何が得策かは千差万別です。

 

私自身の経験から、また、そこを乗り越えたお母さんたちの実感として、

不登校になった子供は、まず家族に受け入れられているという安心感を持つことが大切です。

「こんな(不登校になった)自分はダメなのだ」という罪悪感から解き放たれて初めて

「じゃあ、これからどうしていこうか」と考える芽が芽生え始めます。

そのプロセスは、子供自身が「自分の足で人生を歩む基盤」となり、

不登校が「そのせいで」ではなく「そのおかげで」という出来事に切り替わるのです。

 

そのためには私たち親ができることは「子供にどんな眼差しを向けるか」です。

 

「学校に行けない弱い子・ダメな子」と見るのか。

「心のSOSを表に出してくれた」と見るのか。

 

「面倒なことになった」と捉えるのか。

「考える良い機会を得た」と捉えるのか。

 

しかし、簡単にそうなれれば苦労はありません。

子供に寄り添うことがいいのだと頭では分かっていていても、

はじめのうちはどうしても不安ばかりが付きまといます。

「本当にこのままで大丈夫なのだろうか」

「このままこの子はダメになってしまうのではないだろうか」

と、私も初めての経験のときはとても辛かったです。

 

まずはその辛い気持ち・誰にも言えない不安を話しにきてください。

張りつめた心を癒しに来てください。

遠方の方はスカイプやZOOMなどでも受け付けます。

 

ご参考に、「不登校」についての私の過去記事をリンクします↓

不登校

 

心の仕組みとビリーフについての講座も開催します

「お母さんのためのビリーフリセット心理学 入門講座」開催します

 

「不登校かけこみカウンセリング」のお申し込みはこちらからどうぞ。

折り返しの詳細をお知らせします。

カウンセリングの詳細・お申し込み

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。