インナーチャイルドが何を欲しているのかが分かるだけでモヤモヤが落ち着きます

「子供の本質を開花させるかあさん塾・ビリーフリセットカウンセラーのあらいです。

 

今日はインナーチャイルドの話。

インナーチャイルドとは、「大人になっても生き続ける子供のころの傷ついた感情」です。

本当は寂しかったり甘えたかったりイヤと言いたかったのに、

お母さんを悲しませてはいけない、困らせてはいけない、と、子供は本当の思いを封印(抑圧)します。

その抑圧されたものは無くならずに心の奥底に潜みくすぶり続けます。

 

そのくすぶりは、その後遭遇する様々な出来事に反応し、

「そんなの嫌だよ!」

「ずるいよ!」

「もっとかまってよ!」

「なんで分かってくれないの?!」

というような抑圧された感情が噴き出します。

 

誰もがインナーチャイルドを抱えています。

特別なことでも何でもありません。

インナーチャイルドが反応するポイントや場面は人それぞれ。

しかしその存在を認識していないと、モヤモヤしたりしんどかったりする原因はなかなか分かりません。

 

インナーチャイルドの感情は「分別つく大人の私」には「あってはならないもの」なのですね。

だから無意識にしまい込んだり、「こんなこと思っちゃダメ」と自己否定が始まったりする。

その状態で周りをなんとかしようと働きかけても改善せず得体のしれないモヤモヤは増すばかり・・・

 

「本当は心の奥底にしまいこんだインナーチャイルドの反応なんだ」と分かれば、

その思いを聞いてあげて寄り添ってあげるだけで、意外なほどに心が穏やかになったりします。

「分かってもらえた」だけでチャイルドちゃんは満足するのです。

 

具体的には、「なんで~~?」「ずるい~~」「もう嫌だ~~」「休みたいよ」「なんとかして~~」「こっち向いて~~」「サボりたい」「怠けたい」「遊びたい!」「めそめそ」

というような、「分別ある私」が「ちょっと我慢しなさい」と言いたくなるような感情が少しでも出て来たら、

押し込めずにすくい上げて「そうなんだね」と認めてあげてください。

 

ここ最近、私もモヤモヤしてすっきりしない日が続きました。

やりたいことしか基本やっていないし、やりたくないこと(ex.お弁当作り)でも

「よくやってる私!」と自分を褒め称えながら(笑)クリアしているのですが。

 

なんかスッキリしないのですよね~。

(暑くて冷房にあたりすぎて体調がスッキリしないということも多々ありますが)

 

あることをきっかけに分かっちゃったんです。

インナーチャイルドが騒いでいたのです。

そう言えば心身を解放させる時間、持てていなかったものな~。

7月の旅行も保護猫騒動でキャンセルしたし(苦笑)

 

「そうかー。そうだったんだね~~」と認めたら、それだけでモヤモヤがかなり収まりました。

認めるだけでもOKですが、今回は「欲しい」「したい」を叶えてあげることにしました。

潜在意識レベルからスッキリできる気がします。そこから何が見えてくるかな。

 

秋に「お母さんのビリーフリセット入門講座」を開催します。
日程が決まり次第ブログにてお知らせします。

低価格のカウンセリングモニターセッション募集中

詳しくはこちら→「7月カウンセリングモニターセッション募集」

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。