「やってごらん」と言って欲しかった

昨日の記事で息子に「やってごらん」と伝えた私ですが、

私たちも実は母親から「やってごらん」って言って欲しかったのかもしれないね。

信頼して背中を押して欲しかったのかもしれないね。

 

「やってみたい」と言っても、

  • そんなことしてどうするの
  • うまくいかなかったらどうするの
  • もっと違うやり方はないの
  • どうせ無理でしょ
  • そっちはいいからこっちをやりなさい

と、道をふさがれるような意見を言われたりね。

母親に道をふさがれるって、実は相当の圧力だったりストレスだったりするんだけど、

「お母さんの言うことだから」と、おりこうにしている子どもは心に蓋をしておとなしく引き下がる。

 

その心の癖が大人になっても作動し続けて、

「さあ、いよいよ自分の道を切り開くときが来た!」という段階にさしかかっても

「そんなことしてどうするの」「うまくいかなかったらどうするの」の声が聞こえてきて

足がすくんでしまう。

 

「失敗はいけない」と教え込まれてきた私たちは「失敗しない生き方」を選び続けて大人になった。

 

「ただひたすらにやりたいことをする」という

生きるうえであたりまえのことが「不安」や「怖れ」を生むって、

なんて不合理な世界観に生きているんだろうね。

 

でも、それは変えられる。「そうしよう」と決心する。ただそれだけのことなんだ。

でも、「前進したい」と「無理」の葛藤が続いてらちがあかない時は

カウンセリングを利用してください。心の仕組みを学んでみてください。

 

何があなたをストップさせるのか。

あなたの心のストーリーを解き明かすと「ああ、そうだったのか」という自己理解に繋がり

新しい選択ができるようになります。

 

「無理」は勘違いだった。「失敗」はもともと存在しなかった。

 

「どうせ無理」の連鎖を私たちの世代で止めて

次の世代の子供たちには「やってごらん」を伝えていきたいですね。

 

「怖れや不安は勘違い」が理論的に、体感的に腑に落ちます。↓

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。