食卓はドラマチック

昨年から生活環境を変えて時間に余裕のある生活をしているので、キッチンに立つ時間が長くなりました。

今朝。

いつものように冷蔵庫の野菜室を眺める。形の良いシイタケを放置していたので、形を活かそうとホイル焼き。とろけるチーズをのせるのが好きなのですが切らしていたので、代用にパルメザンチーズ。そしてブラックペパーと醤油をふりかけました。

 

微妙な色合い。こわがらずに作り進めるのだ。食べるのはどうせ家族だけだし。(←こら)

 

 

 

そして、昨晩のおかず・チキンのトマトクリームソースの余りソースをスクランブルエッグにかける。

そして、ストックされている野菜を切ってサラダ。

カルシウムとしてイワシの煮干しをそのままいただく。

出来合いのお惣菜の花インゲン豆は、もういい加減消費しないと・・・と、並べて置く。

そしたら・・・なんだか彩りよく美味しそうに仕上がった!

 

 

それらしく並べて撮影~

 

 

冷蔵庫のストックや余り物の偶然性が織りなす、まさに一期一会の食卓。出来不出来も含めてとてもドラマチックだと思うのです。(^^)

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。


次の記事

「気がする」の世界