自分のピント合わせは続く。「自分語り」を許可して書いています

もういい加減、心を探求し尽くしただろう、と感じるカウンセラー仲間が、

未だ探求材料をみつけてはセッションを受け続けている。

かなり積極的に。

私も彼のカウンセリングを受けたりカウンセラー側になってカウンセリングしたりしているのだが、

素朴な疑問として聞いてみた。

 

「なんでそんなにセッションするの?」

 

すると彼はこう答えた。

「自分のミッションを遂行するためだよ」

 

なるほど、と、私なりの解釈から納得した。

 

ミッション。

魂のミッション。

深いところから湧きあがるミッション。

これをするために生まれ経験してきたんだ、と思えるミッション。

 

カウンセラーになり立てのころ、私はそれを「見つけた」と思った。

でも、うまくいかなかったり違和感を持ったり。

そもそも本当にカウンセラーを続けたいのか、というところまで立ち返って自己探求は続き、

結局ここに戻っている。

心の深いところから湧き出るミッションを携えて。

 

心の探求をはじめて5年。やっとここまで来た。

彼の探求歴はもっと長い。

一括りにするのは彼に失礼になるかもしれないが、私と彼は、不器用なんだな。

そして、それだけ分厚い鎧を身に着けてきた、と言える。

それを一つ一つ気づいては外しながら、自分にとっての「真理」を少しずつ集めてここまで来た。

 

そんな自分が今は誇りであり愛おしい。

 

しかし、ミッションを見つけた!では終わりにならない。

それを遂行するために、さらに自分のブロックを外し続ける必要がある。

ミッションを遂行するためには、さらに「自分に戻る」必要があるんだ。

 

「どこまでも偽りのない自分に戻る」って相当のことだよ。

大変だけど、そこに向かうって、とても深くて尊いことだよ。

でもね、たどり着かないままこの人生が終わっても大丈夫だよ。

そこに向かうこと、そのものが「人生」だから。

 

彼は、彼の湧きあがるミッションを遂行するために、

それを阻むものを見つけては外したり統合したり、を続けているんだ。

その必要があるんだ。

実はその姿そのものが、もう人の心を打っている。

 

私もそれは同じで、

自分のいのちと繋がる

自分への尊厳を取り戻す

こんな分かりにくいことを人に伝えたくて、こうして今日もブログを書いています。

 

今探っているのは、

「こうする方が人に伝わりやすいのではないか」

と、戦略的なことを囁いてくる頭の声と

そこに沿いたくない私の本心との葛藤だな。

 

私は自分語りが好きで、自分の体験談を語ることを自然としてしまうのだが、

頭は

「お前の自分語りなんて誰も興味引かないよ」

と言ってくる。

「もっと人の心に響くようなことを書け(言え)よ」

と。

人に伝えたくてブログを書いているのに、自分語りをしたら余計に読んでもらえなくなる、

と、私は想像している。

 

これは本当のことなのか、実験してみたいと思う。

だから、自分が自然とできてしまう「『自分語り』をブログに書くこと」を許可してみたいと思う。

失敗のようなものは大丈夫になってきた。

慣れたし(笑)、経験値として積み重なるだけだから。

 

私が「自分のピント合わせ」でもがく様子を書き連ねるのも悪くないだろう。

心の探求の「不器用組」として、カウンセラーになっても立派なことは言えずもがいています、

という、格好悪い様子をそのまま書くのだ。

それを参考にしてもらうのだ。

 

そんな姿勢でいる方が自分の深いところ(いのち)と繋がれている感じがする。

頭がぐるぐるしない。

意識が深いところにある。

迷いなくスルスル書ける。

 

これが私なんだな。

 

**********************

ハラの声がキャッチできるようになったら、次は頭の声よりもハラの声を優先させるステージになる。

そこに至るのも相当の覚悟と深い探求が必要になる。

「鎧の自分が怖れている方向に足を踏み入れる」ことにもなるからね。

 

心なんて見ない方が楽なんじゃないかって、思う時期もあった。

だから、しんどくなった人は休んでもいい。離れてもいい。

しかし、

どうしても、ここ。

みんな、いずれここに来る。

 

私は「自分に戻る姿」を自分語りで発信しながら、とにかく旗を立て続けようと思う。

 

********************

最近は、講座よりも一人の人と徹底的に向き合う、ということに魅力・必要性を感じているところ。

1回や2回のカウンセリングでは、「悩みの根源が分かった」「心の蓋が開いた」で終わってしまうので、

そこから先が心の探求の本番なんですよね。

期間は半年とか。理想は1年だけど、考えがまとまったら告知しますね。

 

カウンセリングの詳細・お申し込みはこちら

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。