何が好きかは猫次第

 

愛猫の名前は「ぽん」といいます。女の子です。が、「ぽん」とそのまま呼ばれることは殆どなく、家族から「ぽんちゃん」「ぽんさん」「ぽんすけ」「すけぽん」、と気ままに呼ばれています。

1年10か月でお年頃なので、私は「ぽんさん」と呼んでいます。

さてはて、ぽんさんの最近のお気に入りの場所は、発泡スチロールの箱の中。

今朝もこんなふうに。

発砲スチロール

身体がジャストフィット。「い~い湯・だ・な」と歌いたくなってしまいます。心地よさそうなんですもの。

その一方で、かーちゃんが購入してあげたオシャレな猫ベッドはいつも空席。

猫ベッド

い~んです、いいんです。

何を好きと感じるかは猫次第ですから。

これ、子育てに通じますね~。

こちらが良かれと思って用意したものには思惑どおりになびかない。興味を示さない。

反対に、「え?これ?これですか?」というものに興味を持ったりして。

でも、本猫(本人)が選んだものは認めないとね。何が好きなのか、何が心地いいのか、それを一番知っているのは本猫(本人)ですから。

というわけで、発砲スチロールの箱は我が家のリビングに放置し続けます(笑)。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。