どこまでも自分の感覚を優先させて子供に戻っています

ゲレンデからこんにちは。

今日は夫とスキー場に来ています。

とは言っても私は滑りません。

以前の私は

「せっかくスキー場に来たのだから滑らなくては!」と思っていました。

が、

自分の心を掘り下げてクリアリングして

「本当の感覚」の蓋を開けたら、

私はスキーが好きではなかったのです。

 

以前は、夫と一緒にリフトに乗るとか、

子供たちと一緒に滑るとか、

無意識に家族に合わせていたのですが、

本当はスキーを滑るのあまり楽しいと思わないし、

スキーブーツ履いたりスキー板を装着したりするのも嫌だったんですよね。

足の自由が効かない感じがすごく嫌だった!

 

それよりも、

銀世界と爽やかな空気を愉しみながらただ歩く方が好き!

そんな自分の感覚を今日は優先させてあげました。

 

リフトに乗る人たちを横目に、

ゲレンデの隅や雪道をただ歩く。

爽快でした♪

 

幼稚園の園庭などで、

友達と関わらずに1人で黙々と何かしている子とか

いるじゃないですか。

その子たちって、こういう気分なのかな、

と思いました。

 

友達とどう関わるかは関係なく、

ただ目の前の興味惹かれることに集中する。

その子にとってはそれが楽しいひととき。

なのに、

友達と遊べないとか

孤立は良くないとか

協調性とか

社会性とか

そこを心配するから

「変わった子」「発達障害」と

大人たちが勝手にカテゴライズする。

変わった子も発達障害の子も、本当はいないのに。

 

私は今日、

雪を踏む感触を味わいながら前に進むだけで

充分楽しかった。

純粋に愉しむから、

風や陽射しの心地よさにも敏感になって、

五感が喜んだ。

 

子供の頃、子供らしく居られなかったから、

今、子供のやり直しをしているのかもしれません。

どんどん子供に戻ります。

いい感じですよ♪

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。