思い込みの恐怖に騙されなければ蛇との遭遇も大丈夫、な話。

旧ブログから転載します。

蛇との遭遇

近所の公園を歩いていたんですよ。そしたら長く続く道筋の向こうにニョロンと蛇。

道の真ん中まで伸びてじっとしている。ハっとして足がすくむワタシ。

瞬時に身体が緊張し鼓動がバクバクし始める。

出来れば会いたくなかった。でも出会ってしまった。

この状況をどう対処するか瞬時に考える。

こう考えてみた。

「蛇といえども偉大なる宇宙の産物で尊い存在。ただここで出会った。それだけのこと。通り過ぎれば済むこと。」

で、歩を進め、できる限り「無」になって蛇の目前を通り過ぎる。

蛇さんは微動だにせずあっという間に遠ざかった。

「ん~、どうってことなかったな・・・」

 だから何が言いたいかというと

「蛇は怖い」という思い込みから勝手に作り出されるストーリー

それを頭の中で上映させることを許さなかったので、出くわした事態を客観的にとらえられ、精神的摩耗が最小限に抑えられた・・・ということなのです。

上映させることを許すと私の場合、

「とぐろを巻いている姿」とか、

「長い舌をチョロチョロさせている姿」とか、

「シャー!と襲い掛かってくる姿」とか、

そんな映像が頭の中に浮かんで浮かんで、もう、そこにはいられませんよ。

そのうえ「ひゃ~~~」と声を上げて過敏に反応したら、それに気づいた蛇さんがびっくりしてニョロニョロ動き出して、それこそ見たくない光景を引き寄せていたかもしれません。(←これも想像上のストーリーだが)

頭の中で勝手に上映されるストーリーに気づくって大事。それに騙されないって大事。

と痛感した小さな出来事でした。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。