ビリーフリセット初級講座にアシスタント参加してきました。

思い起こせば「ビリーフリセット理論」と出会い、ここに真実を知る糸口があるような気がして初級講座を受講したのが2年前。知れば知るほどに「さらに深めたい」・「これを広める一員になりたい」という意欲が湧いてプロコースまで学びを続け、自分なりのミッションが明確になり今に至っています。

彩さんが今年に入り、初級講座の参加人数が多いからとプロコース修了生にアシスタントを募ったので、「行きまーす」と赴いた本日。

今までの2倍近くのご参加をいただいたそうで、いつものソノラスタジオでは手狭になるので、会場は六本木グランドタワーの・・・

ベルサール六本木コンファレンスセンター で開催。

なんかすごいことになってる。w((´ω`))w

受講人数が多くても、内容は相変わらずの充実ぶり。

久しぶりに初級講座に参加して、「ああ、やっぱりこれ。これですよ。」と思いました。資料も持ってるし読み返して内容を反芻もしてるけど、実際聴くとますます浸透する感じ。プロコースの内容まで学んでここに来ているのに、初めての受講時と同じように眉間にしわを寄せながら頷く自分がいます。

受け取り方の重要感が変わらないのです。ビリーフリセット理論の根底とも言える内容なので。

アシスタント参加して良かったー

受講された方々はそれぞれの動機をもっていらしているので熱心に聴講し、ワークにも取り組んでいました。あらゆる方面・分野から集まった方々ですが、ビリーフリセット理論を学ぶ中で「ああ」という気づきを得ながら、表情が緩んだり和んだり輝いたり。

これこれ、この空気感大好き!

みんな素敵な人ばかりなのに、共通しているのはビリーフからくる「自己否定」を持っているということ。特に日本は「出来ない事」「足りてない事」にフォーカスする慣習があるので、「褒める文化」にシフトしていくといいよね、という話もありました。

大人はビリーフからの「自己否定の理由」は本当のことではない、ということを認識し、子供は親・先生・・・周りの大人が出来ることにフォーカスして褒めてあげる。一人一人がそのような配慮をすることで、「否定」ではなく「肯定」の世界観を持つ人がどんどん増えていくといいな・・・と改めて思いました。

この初級講座、「特に問題ありません」という人も皆、必須科目なのではと思います。

気づいた人からどんどん受けて欲しい講座です

あ、私も今後開講できるように頑張ります。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。


前の記事

「求めない」

次の記事

「子供を褒める」の補足