「八方塞がり」は「怖い方向に進め」「手放せ」のメッセージ

八方塞がり・・・どの方向に向かっても不吉の結果を招くこと・どの方向も塞がれてしまって、どうにもならないこと

 

悩みは「八方塞がりな状態」であるとも言えます。

八方から塞がれて身動きとれない・動きようがない状態。

 

でもね、「身動き取れない」というのは、その人がそう決めていることなんです。

そうとしか思えない。

 

八方塞がりな「困った状態」にはちゃんと出口・突破口があります。

それこそ八方に、あらゆる方面に。

本当は塞がっていないのです。

でもその人は進みたくないんです。どこも進めないのです。

これは一例ですが

  • Aの方向に進んだら、人に迷惑かける
  • Bの方向に進んだら、ダメな人と思われる
  • Cの方向に進んだら、拒否されてしまう
  • Dの方向に進んだら、生きていけなくなる
  • Eの方向に進んだら・・・

と、どの方向に進んでも「不吉の結果」を招きそうで足がすくんでしまうんですね

 

この恐怖感は本人にとっては相当のものです。

 

でも、身動きとれないからと言ってそのままでいるとどんどん辛さや不安が大きくなっていく。

すると身体は緊張するし胸はザワザワするし夜も眠れない・・・と、

体調も悪くなります。

 

八方塞がりはビリーフが作動しているから

「こうしたらこうなってしまう」という思いは予想に過ぎない。

予想に過ぎないと分かっていてもそうなるとしか思えない・・・これがビリーフです。

だから突破口の扉をみんな塞いでしまう。

塞いでいることさえ気が付いていない場合もあるでしょう。

 

なぜそのようなビリーフが作動するかというと、過去(幼い頃)の経験から、なんですね。

それをしたことによって(またはしないことによって)

  • 周り(大元は親)に迷惑かけたとか
  • ダメな人(子)と思われたりとか
  • 拒否されたりとか
  • 傷つけられたりしてきたから

大人になった今でも「そうなるだろう」と信じて疑わないのです。

まさに、無意識レベルにインストールされた状態。

だから八方塞がりになる。

 

八方塞がりで耐えれないほどに辛いとき。

これは「勇気を持って怖い方向に踏み出しなさい」の合図なんです。

絶対に行きたくない(やりたくない)突破口に進め!なんです。

極論一番怖い方向に進め!なんです。

いやー、これは本当に怖いです。

生きていけなくなるんじゃないかと思うほどに怖い。(我が思い出を反芻する)

 

怖い方向に踏み出してどうなるのか

うまくいく場合とうまくいかない場合が考えられますね。

「怖い方向に行くと良くなります!」とは言い切れません。

ほら、やっぱりダメだったじゃん!と撃沈することもあるでしょう。

 

私の八方塞がりの人生が方向転換したきっかけはどれも、

「怖い方向に踏み出す」「最も恐れていることにOKを出す」でした。

今は堂々と自分の人生を舵取りしている人たちも、みなこの関門を通り抜けています。

(体験談を聞きたい人は講座に来てね)(ブログにも書いてあるけど)

うまくいく場合

「不安の9割は起こらない」と言われています。

「こうなるんじゃないか」という予想はほとんどハズレます。

だから恐れるに足りないと。

で、私の経験から言わせてもらうと、確かにそうでした。

 

怖い方向に踏み出すと思いもよらないところから助け舟を出してもらえたり

急に道が開けたり

「奈落の底に落ちる」と思っていたら全然安全だったり。

拍子抜けして「( ゚д゚)ぽかーん」となるほどに大丈夫だったりします。

 

うまくいかない場合

も、もちろんあるでしょう。

私もありました。

思いきって踏み出した行動によって撃沈しました。

「あ、通じない・・・」

ジャブかけたら思いきりパンチくらいました。

(パンチくらったように私が解釈した、というのが本当ですが)

 

相手は私の母でした。ビリーフの本丸ですよ。

一番癒されたい相手に働きかけて撃沈。

 

でも・・・

八方塞がりのビッチリ閉まった(閉めていた)扉をこじ開けて撃沈しても悔いはありませんでした。

落ちるところまで落ちても生きていられるんです。

だって生きているんですもの。

 

これは大きな発見でしたよ。

「一番大事だと思っていたものが得られなくても生きてていいんだ!」に変わる。

そして癒着していた母との関係に境界線ができました。

これは屈強な人生の土台になりましたね。

行動起こして良かったと思いました。

その時は辛かったですけどね。

自分の人生を自分の責任で判断し進む軸がかえってしっかり整いました。

一番恐れていることを引き受ける覚悟を持つと意外と平気だしどんどん進めます。

 

だからどうやら人生は、うまくいってもいかなくても大丈夫なんです。

撃沈してもその先に何かが見えてくる。

 

でもこれだけ熱弁しても、やっぱり「やってみないと分からない」ですよね。

足がすくみっぱなしの人もいるでしょう。

それでもいいです。

踏み出すタイミングは人それぞれですから。

でも、八方塞がりな状態から「今踏み出そう」と思ったら、

「踏み出していいよ!」「大丈夫だよ!」と背中を押してくれる人が沢山いることを

覚えておいてくださいね。

 

ビリーフリセットカウンセリングの詳細・お申し込み

カウンセリング付パーソナル講座

心と繋がるピアノレッスン

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。