思いきってカミングアウト(「私がやりたい」を声高らかに)(タブーを突破すると心が自由になる)

12日「お母さんのためのビリーフリセット心理学入門講座」開催にあたり、

私、心がソワソワしているんです。

お申し込みが欲しいのです。開催したいのです。

そのために、今までの私は

「この講座に来るとこうなりますよ」とか、

来てもらえそうな題材を見つけてはブログ記事にしたりとか

やってきたんですけど。

今はこれと言って書くこともなく、無理して書く気にもなれず、

でもお申し込みがないまま漫然としていると余計にソワソワする。

どうしたものかなーと思案したら、

そうだ、この気持ちをそのまま書こう。

自分の心の状態をさらけ出してみよう。

との思いに至りました。

すると、身体が緩んでソワソワする感じがなくなりました。

どうやらいい感じなので書いてみます。

 

「ソワソワする」は心の表面。

 

なぜソワソワするかというと

「誰か来てくれないかなー、申し込んでくれないかなー」という願望と

「そうならなかったら・・・」という不安が行き来しているから。

 

「そうならなかったら(開催できなかったら)・・・」私がどう感じるか。

  • 開催できないなんて、かっこわるー!
  • みんなに「なあんだ」と思われる~~~
  • まだまだ自分は足りないところが沢山あって、誰にも相手にされないんだ~
  • 寂しい~~~

 

上記は全て私の心で起こっていることです。つまり、

  • 開催できないなんて、かっこわるー!(と、自分でジャッジしているだけ)
  • みんなに「なあんだ」と思われる~~~(と、思い込んでいるだけ。「なあんだ」は私に刺さる言葉。)
  • まだまだ自分は足りないところが沢山あって、誰にも相手にされないんだ~(と、決めつけているだけ)
  • 寂しい~~~(インナーチャイルドが泣いています)

 

このように、「どうしてもそうとしか思えないこと」は自分の心が創りだしていることなんです。

だから本当のことではない。

 

でもまあ、その理屈を分かっていても、「開催できなかったら」様々な感情や思いが噴き出します。

正直に認めましょう、はい。人間ですもの。

旧観念も疼きますね。「できるとOK、できないとダメ」という。

だから、講座開催を告知するといつもドキドキします。

 

今までの講座はだいたい開催できて、開催にこぎ着けなかったものもあります。

今後、告知するたびに毎回ドキドキするのはちょっと辛い。

講座を告知するたびにドキドキそわそわするのに疲れて、

講座開催するのを辞めてしまいそう。

 

でも、ちょっと待て。

開催するのをやめてしまったら?

・・・つまらない。

何年もかけて自分の心をクリアリングしながらフラットな状態まで来て

(フラットな状態とは、「何者にならなくても、そのままの自分でOK」になっている状態)

何もしなくても生きていけるのに、なぜ、わざわざ企画立てて講座を開催するのだ?

 

それは・・・・

私がやりたいから。

 

 

・・・その一言に尽きるんだな。

 

「カウンセラーとして(こうあるべき)」という段階も通り過ぎた。

みんなを癒したいとか、何かを教えようとか、導こう、というのも手放した。

ただ、私がやりたいのです。

 

講座に集まった人たちとあれこれと心の深掘りするのが楽しいのです。

「あ!・・・」という気づきをされる姿を見るのが嬉しいのです。

場の空気が幸せフォトンに包まれるのがとても心地よいのです。

帰り際お見送りする時の、みなさんの清々しい笑顔。

私にとって、「今ここ」に浸れる楽しく愛おしい時間なのです。

私がなんとかしようとしなくても、みんなの心は勝手に気づく

「みんなを癒したいとか、何かを教えようとか、導こう、というのも手放した。」

と言いましたが、そんなこと言うと

「カウンセラーなのに導かないの?仕事しなさいよ、役に立ちなさいよ」と言われそうですが

大丈夫なんです。

 

申し込んで集まった方々は勝手に発見したり気づいたりしています。

その人の潜在意識(心の深層のエリア)が、その時必要な気づきをもたらしてくれるのです。

だから、気づきのタイミングも気づきの内容もポイントも人それぞれ。

これ、私が意図できることではないのですよね。

だからこそ

ナビゲーター役の私は心の仕組みをレクチャーしながらも「場」を信頼し

受講生の方々の「心」を信頼するだけ。

ここでいう「信頼」とは、上も下もなく、早い遅いもなく、優劣もない。

みんな、それぞれのペースで、それぞれの気づきをもって歩まれていく。

だから、私は基本手放し。

不安も素直に言える。後戻りもOK、「できない」もOK。

そんな安心空間の中で、潜在意識からの気づきがやってくる。

そんな「場」で今後もタイミングが来た人たちと心震える時間を共有したい。

 

そんな動機で、講座を企画開催しています。

講座が大好きなんだな。私のためにやっているんだな。

今年、どうしてももう一度やりたくて、日があまりないのに12日に設定しました。

ピンと来た方、「受講してみたい」と思われた方、是非お越しくださいね。

詳細はこちら↓

「お母さんのためのビリーフリセット心理学 入門講座」開催します

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。