「あなたのせい」「周りのせい」じゃなくて

今日ちょっと残念な決断をしました。

理由はあります。が、その出来事を通してよりはっきり自覚したのです。

私が選択した判断・決断は

私がそうしたくてしているだけのこと。

「あなたのせい」「周りのせい」ではないのです。

だから「残念」というのは的確な表現ではないですね。

そうしたくてしているんですから。

そんな心模様を自覚すると腹が座ります。

自分の選択に迷いがなくなります。

その後の「どうなるだろう」という不安を抱かなくなります。

その後の「どうなるだろう」は自分や相手が望んで選ぶ展開なのです。

どのように転んでも「なるようにしかならない」のです。

「なるようになる」という言い方もできます。

それは諦めではなく「抵抗しない」ということです。

不安になったら押し込めずにその気持ちを認めます。それさえも抵抗しないのです。

自然と湧き出る負の感情は留めるよりも味わい流す。

大丈夫、大丈夫じゃない、は自分が決めること。

でも全て「大丈夫」なんです。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。