「どんな自分も認める」・・・ビリーフリセット心理学入門講座でした・・・

2月2日、「お母さんのためのビリーフリセット心理学入門講座」でした。

3名の予定でしたがインフルエンザで急きょ欠席の方がいらっしゃり(お大事になさってください)、

2名での開催です。

今回の参加者は「心の探求・ビリーフそのものに興味がある」というお母さんたち。

なので内容も

〇心の仕組み

〇ビリーフについて

〇公開カウンセリング

と、特別なテーマを設けずオーソドックスなプログラムを準備しました。

 

お母さんたちはそれぞれに心の探求を進めており

「心の状態を俯瞰する」感覚も既に持っていらっしゃいます。

なので、

「こういうシチュエーションで心が敏感に反応する」

ということが分かっていたり、

「(ご自身の)母親との関係からこんな影響を受けているのではないか」

という予想を立てていたり、

「子供のころこんな気持ちを封印していた」

ということを既に明らかにされていました。

そして、

「じゃあ、今後どうしたらいいの」という問いを立て、

ご自身の心の状態と照らし合わせながら真剣に講義を聞いてくださいました。

 

その人の持つ「べき」「ねば」から(コーピング)ビリーフを顕在化させる、というワークでは、

浮き立ってきたそれぞれのビリーフに

「え~」だっだり

「確かにあるわ~」だったり

「本当のこととしか思えない」だったりと、

なんとも複雑な反応をしていらっしゃいました。

でも、確かにそのビリーフが今現在の「生きにくさ」「やりにくさ」に

影響していることも頷けます。

ビリーフ解放の手立てもお話しました。

一番手っ取り早いのはもちろんビリーフリセットカウンセリングを受けることですが、

コツもあるんです。

 

お母さんたち共通のキーワードは「どんな自分も認める」。

その1・引き戻される自分にもOKを出す

お母さんの1人は、以前私のカウンセリングを受けたことがあり、

また、一昨年、私が初めて開催する入門講座を受講してくださった方です。

ですが、今回2度目の入門講座を改めて受けてみると

かなり引き戻されていることが明るみになったそうです。

 

これはしょうがないことなんです。

ホメオスタシスと言って、現状を維持する・安全を確保する、という機能が

もともと備わっており、

「何か新しいことにチャレンジしてもいつの間にかもとに戻っている」

ということは誰にでもおこります。

そこを乗り越えるには、ある程度「練習」「意志の力」が必要です。

 

「だからこそ、再び受講して良かった」と言ってくださいました。

そして、引き戻されていた自分にもがっかりしていないと。

それも悪くないし、頑張ってきたじゃん、私。と思えている。

そうおっしゃるお母さんの表情は清々しいものでしたし、

一番大切な点(どんな自分も認める)をしっかり押さえていらっしゃいます。

 

その2・良い・悪いも統合して両方認める(シャドウも認める)

もう一人のお母さんは、ワークを通してご自身の心の傾向が明るみになり、

ビリーフも浮きぼられることでかなり自己理解が進んだようです。

しかし公開カウンセリングでは、そのビリーフではなく

その場でふと気がついたことを題材にしました。

(この「ふと」はとても大切です。「タイミングだよ」という潜在意識からのメッセージだったりするからです。)

 

それは、「なぜかこのシーンで敏感に心が傷つき反応する」というものでした。

カウンセリングを進めているうちに

「本当はその種があるのに『絶対にあってはならない』『私にはない』と封印しているもの(シャドウ)が現実世界に現れる」

という、専門用語でいうところの「投影」であることが分かりました。

これも無意識の防衛本能なので1人では自覚できません。

 

これは相対する2つの「自分」、つまり、

「こんなこと絶対にあってはならない!」という自分(良い自分・認められる自分)

「でも本当はそういうこと、あるよね」という自分(悪い自分・認めたくない認められない自分)

それぞれの言い分をしっかり出し合う、というカウンセリングの手法を用いました。

つまりそれは、双方のエネルギーを認め合う、ということ。

いけない、と封印していたものを

「ああ、それ、あってもいいよね。だって、あるんだから」になること。

するとあまり傷つかなくなるし、「傷つくシーン」自体が起こらなくなります。

 

このカウンセリングはまさにタイミングだったようで、

双方のエネルギーが仲良くなるのに時間がかかりませんでした。

 

フォローアップ会も

ということで、「どんな自分も認める」がテーマとなった入門講座でした。

しかし今後引き戻されることも考慮し、

ビリーフを解放し続けてより自由になれる「刷り込み」を続けたいとのご要望で

フォローアップ会で月一度集まります。

初級講座も

ビリーフをより詳しく系統立てて学ぶ初級講座に興味を持つお母さんもいらっしゃり、

いよいよ初級講座が群馬で開催になるか?

というところも楽しみです。

 

今回の入門講座も深く優しい時間を共有できて嬉しかったです。

ご参加いただいたお母さん、ありがとうございました。

入門講座は3月、4月と継続していきます。

日程が決まり次第お知らせしていきます。

 

カウンセリングも随時受け付けています。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。