どんよりした気分とどんよりした身体とただ共にいる

病は気から

身体は心(潜在意識)と繋がっている

 

ということをカウンセリングや講座で説き続けている私自身にも心や身体の不調は訪れます。

「心のことが分かっている私だから」いつも絶好調だったら格好がつくかもしれないけれど、不調なときは不調なんです。

心の理解が深まれば深まるほどに、マイナス気分だったり身体の不調だったりすることを、あるがまま受けとめることが大切なんだ、ということを腑に落とします。

マイナスだったりカッコつかない自分を認めたり開示したりすると、世界は優しくなるんです。

めんどくさいと思いますし開示する度に勇気要りますけどね。

でも実践してみると本当のこと、みたいです。

だから、「こんなこと思っちゃダメ」とか「こんなに弱い自分をもっとなんとかしなくちゃ」と焦らなくていいんです。

私のように「優秀でいなくては」ビリーフで自分に鞭打ち「しんどい」を封印し何十年と生きてきたタイプにはなかなか難しいことなんですが。

何年越しで練習して(笑)だいぶ慣れてきました。

 

お恥ずかしながら、今絶不調。

右腕が五十肩で痛かったり右半身が重かったり。

そのうえ花粉の季節になり、トルコ旅行から帰国した途端目のかゆみや、身体の怠さが伴う。

近々2度目のファスティングをしようと思っています。

 

で、朝早く登校する息子を送り出すのに、チンすることは一切せず全て手作りのお弁当を持たせることを今頑張っているのですが、今日はその「朝家事」がすごーく大変でした(´;ω;`)

でもね、私がやるしかないんですよ。

それは私が選んでやってることなんです。

だから誰に文句を言うことでもない。

でもね、でも。

私、すごーくしんどくて大変だったんです。

だから、後から起きてきて支度している夫に聞いてもらいました。

 

これも勇気が要ったのですが。

 

だって、フルタイムでこれから仕事に行こうとする人にしんどいって言うの悪い気がして。

でも、「弱音を吐いてはいけない」とか、「甘えてはいけない」とかは、私のビリーフから来ていた思い癖だから。

「それくらいで」とか「弱いなあ」とか、冷たい反応をされるかも、ということを勝手に妄想してブレーキかけてるだけだから。

 

そして、私のインナーチャイルド「分かってちゃん」が疼いていたんですねー。

だから洗面所までついて行って夫に言いましたよ。

 

身体がしんどくて朝家事が大変なんだよーって。

でも自分で決めてやってるだけだから文句を言ってる訳ではない、ということも。

聞いてもらえるだけでいい、ということも。

 

夫はそうなんだーと少し肩揉んでくれました。

そして、私が家事途中休憩してお味噌汁すすりながら朝ドラ観てる間、夫はいつのまにかキッチンに立って洗い物を時間の許す限り進めてくれていました。

私はありがとうと行ってらっしゃいを言いました。

キッチンがほぼ片付いている・・・

この時、胸がじんわりと感謝の思いで包まれました。

 

そして、今日計画していたことを進めようとするとどうもしんどさが増すので、がんばる計画は取りやめて、日帰り温泉に行こうと思い立ったら、心さんがホッとしています。

なので、今日は近場の温泉に浸かりゆったりしてきます。

 

今、お気に入りの空間のファストフード店(○ス)でお茶飲みながらブログ書いてます。

優しいBGMが流れて照明が黄色くてゆったりするんです。

 

非効率な私、役立たずな私、かなりOKになってきました。

私を宿してくれている身体さんと心が喜ぶことをしてあげます。

 

みんなも焦らなくていいよ!

今、1番ホッとすることをしてあげてください。

または、やめるとホッとすることをやめてあげてくださいね。

それで大丈夫なんだよ。

 

お知らせ↓

ビリーフリセット心理学 入門講座」開催します

カウンセリングは下段をチェック↓

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。