この痛みなんとかしてくれ~~~(心の探求を一時シャットアウト)

抵抗している愛猫ぽんさんの図。(笑)

 

身体の不調は続いています。

主な原因は五十肩。

昨年から右肩に違和感を覚えはじめました。

ジムに通い小康状態を保っていたのですが、トルコ旅行期間含めて2週間ほど休んでいたら症状が悪化しました。

痛くて夜目を覚ましてしまうほどに。

 

ずっと気をつけていたのに悪化してしまい残念です~~~~~┐(´~`;)┌

もーーー、気をつけていたのにーーーー!

「軽く済みました」って言いたかったのにーーー!

重症化しました┐(´~`;)┌トホホ

 

「心に抑圧しているものが原因で肩がそうなった」とか

「悪くならないように、というその意識が肩の痛みを引き寄せた」とか、

「五十肩の叫びはなんぞや」とか

今はいいです!(心の専門家が分析をシャットアウトw)

 

「そこジャッジせずに身体さんを受け止めてあげて」という心の模範的考え方も、右上半身の重怠さを感じながら右腕をかばいながらの生活が続くと受け止められなくなるしジャッジしたくなりますよ。

もう、この痛みなんとかしてくれ~~~~~~って。(苦笑)

***************************

心の学びが進むと陥りがちな落とし穴、というものがあります。

「なんでも受容しましょう」を覚えて一度楽になれると、今度は受容することに執着してしまうことがあるのです。

真面目な人ほど。(はい、わたしw)

受け入れること・受容することが「正しい」になってしまうんですね。

すると、マイナス思考になったとき、受け入れられないことが起きたとき「ダメ」になるし、新たな葛藤が生まれます。

 

ダメじゃないですよ。

イライラもやもやしてもいいんです。

だってしてるんだから。

気力があればイライラもやもやの奥に何があるのか、心の探求材料として取り組む。

それさえもしんどければ気の済むまでじっとしていればいい。

 

************************************************************

ここまでエナジーダウンしたのは久しぶりで、その状況を「受け入れなくちゃ」と思ってもどんよりするし辛いので(結局受け入れられないんだな)、「なにがあるのかな~」と探求しました(結局分析するんだなw)。

「なんだかどんより」という表層で掴める感覚から深掘りするのです。

そこは私自身がカウンセラーだから出来ます。(手におえなくなったら他の専門家を頼ります)

 

心の奥にアクセスすると、やはりというかなんというか、「焦り」が潜んでいました。

どんな焦りかというと、

  • 健康的な私でいなくては価値がない

という感覚。そして、

  • 人の役に立てない自分は価値がない

という緩めたはずの観念がまだ息づいている。

そんな焦りがあれば、身体さんも緩むどころかなおさら緊張しますよね〜

 

 

自分のビリーフの数々を発見しては緩めてきているのだが、ある観念を緩めることに気づいたら、スーっと身体が楽になりはじめました。それは、

時間の概念を極力なくす、ということ。

 

今回の身体(五十肩)に対するモヤモヤの奥には「焦り」・「無価値感」があり、そのさらなる根源は「時間」でした。

 

  • いつまでに何をしなくちゃ
  • 早く成果をあげなくちゃ
  • 立ち止まっていられない

 

これ、時間を気にしているんですね。

・・・でもですね。

 

時間は幻想なんです。量子力学やスピリチュアル方面ではそう言われています。

たしかに宇宙レベルの視野に立つと、そこには「時間」という概念は存在しません。

「でもここは地球ですから!」という声が聞こえてきそうです。

私もこの世界で生きている以上「時間は幻想」ということを腑に落としているわけではありませんが、そんな情報をたくさん耳にするので「そうなんだな」くらいに受け入れてはいます。

なので「時間は幻想」という概念を可能な範囲で実生活に当てはめてみたいと思ったのです。

 

だって、楽になるから〜(笑)

 

1日のスパンでは難しいので、長いスパンの時間の概念を緩めます。すると、

「いつまでに何をしなくちゃ・何ができなくちゃ」が緩むんですね。すると・・・

 

今抱えている身体の症状をそのまま見つめられるようになります。

ジャッジの材料が少なくなるからね。

そして「今」にくつろいでいられる。

 

これは楽です。

痛くて寝不足になっても、翌日寝不足で生産的効率的な行動ができなくても、困った感やイライラの度合いが減ります。

その方がかえって「氣」が流れてこうしてブログも書けています。

 

今日も再開しはじめたジムで、「右腕さん無理しなくていいからできる範囲でね〜」と投げかけながら、エアロビに取り組みました。

右腕があがらなくて不格好になりながら。でもスッキリしました。

五十肩さんとのんびり穏やかに付き合っていきたいと思います。

 

************************

この探求結果が正しい正しくない、は議論する必要はないです。

私が採用した、私が選択したことで、今、気分がいいですから。

 

心のことやビリーフを知ると、よろしくないと思われる現象をただ辛い、しんどいで終わらせず向き合うことができます。

ひとつひとつ「問題」とされることを解明すると最後には「大丈夫」に繋がるので面白いです。

ビリーフに興味を持つ方々とこれからも出会えたり分かち合えたりできたら嬉しいからブログも書き続けています。

未だ自分の心の深掘りに夢中になっているカウンセラーですが、まあ、それが今の私なので( ^ω^)・・・

 

まとめ
  • めんどくさくなったら心の探求をストップしてもいい
  • 正しい・正しくないの二元論に陥ったとき気づけるといいよね
  • 身体が緩む感じ・「今」にくつろげる感じが心の探求の落としどころ
  • あなたが選択したことに対して他者の意見を取り入れなくていい

ブログ更新は不定期なので、ブログ更新をお知らせするシステムをサイドバー上部に貼り付けてみました。

良かったら登録してくださいね。

登録してもらえると嬉しいです~(^^)

 

講座も今のところ前橋に根付いて開催していますが、遠方からも来てくださると嬉しいです。

駅まで送迎します(^^)。

ビリーフリセット心理学 入門講座」開催します

カウンセリングは下段をチェック↓

遠方の方もスカイプで受けてくださっています。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。