いい子は深く傷ついている (胸の黒い栓・肚に潜むインナーチャイルド)

カウンセリングでは自覚できない潜在意識を見ていきます。

悩みの製造元は潜在意識にあるからです。

悩みの原因は周りの人・環境ではなく自分の心にあります。

人生の古いパターンを崩して新しいステージに乗るには、そこを通り抜ける(自分の心を見る)必要があります。

 

自覚できないのに潜在意識を見ることってできるの?という疑問が湧くところですが、

できるんです。

潜在意識は身体と連動している・直結しているので、まずは「身体感覚」が分かる、ということが大切です。

 

思考を働かせて日々を過ごしていると身体感覚はおろそかになりがち。

ストレスが溜まっても無頓着だったり、本当の気持ちさえも気づかなかったりします。

なので、

身体感覚にアンテナを張る習慣は誰でも身につけて欲しいなと思います。

身体の反応をキャッチすることであなたの「本当」を汲んであげることができるようになるからです。

すると、頑張りすぎない・無理をしない・しっかり休む、など、心と身体のために今何をしてあげれば良いかが分かるようになります。

 

「本当」とずれているな、無理をしているな、というときの身体の反応としてよくある事例は

  • 胸のあたりが詰まる
  • 肩が固くなり緊張している
  • 胃が痛くなる
  • 下腹が重くなる

など。

  • 頭が痛くなる

というのもありますね。人それぞれです。

 

また、潜在意識と繋がるには思考を静め「今ここ」にいることが大切なので、マインドフルネスや瞑想を体験されるのもおススメです。

その感覚が身についていると、カウンセリングのプロセスも進みやすくなります。

潜在意識にしまい込まれた「本当」が明るみになったときのハッとする感じ・そのあとの温かさ・訪れる心の静けさ・・・ぜひ体感していただきたいです。

 

*******************

さてはて、私もそのときそのときの気づきを題材に身体感覚に落とし込みながら内観を続けておりますが、

先日のカウンセリングの勉強会でクライアント役をしたとき、新しい気づきがあったんです。

「大丈夫」というメッセージを受け取るとき、身体の上から下にスーっと通るのですが、胸に黒い栓があってそこで止まってしまう。

つまり肚の底まで「大丈夫」が届かない!

 

そして肚に、「大丈夫なの?ねえ、本当に大丈夫なの?」と怯えメソメソしているインナーチャイルドを発見しました。

 

いくら有効で明るい情報を得ても、深いところまで届いていない状態だったんですね。

これじゃあ、本当に安心できないね。

何年かけても心の探求は新しい発見の連続で、身体と心の神秘に唸らざるを得ません。

 

今までも「生後2か月の赤ちゃん」のチャイルド、幼児期のチャイルドを見つけては、そのとき感じることを封印した「本当の思い」「癒されていない傷」を浄化してきました。

その度に行動のパターンや選択にも変化が出てきて心の自由度が増していますが、今度はどんなチャイルドなのかな・・・

 

それは、次のクライアントとしてカウンセリングを受けたときに明るみになりました。

このとき、宇宙まで届きそうな勢いの、肚の底からの「バカヤロー!!!!!」を叫ぶことになります。

「いい子」でいることでこんなに深く傷ついていたなんて。(ll´Д`ll)

見つけてあげられて良かった・・・

(続く)

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。