ごめんね・大好き・ありがとう

今日は朝から気分が沈んでいた。

外界のある出来事をきっかけに私は落ち込み、その根源には怖れや不安があった。

さらにその奥には自分を責める感覚があった。

 

無条件に自分を認めよう、そのままの私を受けとめよう。

そうなりたくて心を探求し続けているしそうなれているつもりだったのに。

「私を条件付きで見ている私」、「私をジャッジする私」が未だいるのだなー。

 

そうなんだね。よしよし。良かったね。

 

湧き出る思いや感情には、必ず根源となる「種」がある。

心の奥底に静かに沈み込んでいる「種」。

出来事に心が反応したということは、その「種」が顕在化(心の表層に浮上)したということである。

特に今日浮き出てきたものは、未探求ゾーンのものである気がする。

 

だから良かったね、なのである。

その「種」は「もういい加減気づいてよ!」と、このタイミングでサインを送ってきたのである。

 

 

これは放置せずにセルフカウンセリングしてみようかな。

 

私は用事を済ませ、停車した車の中で静かに内観を始めた。

「私を責める感情さん」のドロドロした部分に潜り込んだ。(負の感情は排除せず認めてあげる。感じてあげる。)

身体中ズーンと重くなり、下から噴き出るようなジンジンしたものを味わった。(心の反応は身体感覚でキャッチしてあげる)

どうやら「種」に到達したようだ。

 

「私に何が言いたいの?」

俯瞰している私が、私を責めたがっている「種」のドロドロした部分(ドロドロさん)に聞いた。

「何でも言ってごらんよ」

 

するとドロドロさんは私にダメ出しを始めた。

「ダメじゃん」「何してんのさ」

徐々にスイッチが入り語気が荒くなる。

そして、ブログに書くのがはばかられる罵詈雑言と化し、

ほどなくして2つの言葉に絞られ、それを繰り返すようになり、それは単なるエネルギー体となった。

 

「(私の中から出てきている)このエネルギーは何だろう?どこから来ているのだろう?」

と観察しながら、ドロドロさんの気が済むまで言わせ続けた。(吐き出すといずれ収まる)

 

ハッとすると、私の中で懐かしい姿が浮かび上がった。

 

お父さん・・・・

 

そう。この、吐き出し続けた2つの雑言(エネルギー)は、父に対する憎悪であった。

(2つの雑言をここに書く勇気がないのだが、リアルに会う人には教えてあげます~)

 

「お父さんに対してそんなこと思ってはいけない」と子供心に封印・凍結させていた。

私はいい子だったから。いい子の鎧をまとっていたから。

その鎧の下には封印していた様々な「本当」があり、気づくたびに「OK」にしてきたけれど、

これは初めてだな~~~~~

子供のころの私は父に対してこんな気持ちを抱いていたのか・・・

 

うん、確かに持っていたな ( ・ω・ )(アッサリ認めてしまうよ)

 

そして、2つの雑言(未完了の感情)は「もういいよ、スッキリしたよ」と収束し、

空いたスペースに湧き水のように温かいものが込み上げてきた。そして、

 

ごめんね。大好き。ありがとう

を私は唱えていた。(`;ω;´)

お父さん、ごめんね。大好き。ありがとう。

涙をにじませながらこれまた気の済むまで言い続けた。

 

私をジャッジするエネルギーは「愛」となった。

車中(停車してるよ)のセルフカウンセリング終了。

 

カウンセリングをさせていただいて、また、心の学びの場にいて実感するのだが、

心を見ることは本当の自分のニーズを知ることとなり、自分に寄り添う最上級の行為だ。

 

心の封印しているエリアに光が当たり、その奥から真実(愛)が見えてきたときの感動は本当に素晴らしい。

誰の心も間違いなく、気高く尊いのです。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。