集合意識の強さと危うさ(「怖れの集合意識」から「愛の集合意識」に変容させる大切な基盤とは)

まずは前置きから。

 

前の記事「神は罪を作らなかった」では、私が心地よく解釈し採用している「神様像」について書きました。

終盤、ヒトラーなど歴史的に大きな罪を犯したとされる人物はどうなのか?

という疑問に触れ、そのことに言及している本「神との対話」を紹介したところで終わりました。

 

この本は「神からのメッセージを自動書記によって記された」内容が編集されていますが、

その信憑性をここで論じるつもりはなくて、読んでいて私は面白かったのです。

 

この本によると「ヒトラーも天国に行った(死後の懲罰はない)」と書かれています。

 

大量虐殺。そこにフォーカスすれば、人間の感覚で「罪がない」と解釈するのは難しいですね。

しかし、神(宇宙意識)にとって、生死は自然なことで「悲しいこと」「マイナス要因」ではないから・・・

ヒトラーのマイナス点にはなりにくいみたいです。

宇宙の常識は人間の感覚を超越しています

ここは書評でも賛否両論飛び交っています。

 

が、私が触れたい核心はここではないのでここまでにして

(気になる人は実際に文面を読んで考える材料にしてください。)

本題に入ります!(いつも前置き長くてすみませーん)

 

****************************

ここで、「神」は集合意識の強さ(危うさ)を説いています。

ヒトラーを創造したのも人々の集合意識だと言います。

(集合意識と集合無意識は違うのですがこのリンクが分かりやすいです

 

第2巻の110~120ページの文面が力強くて唸りました。抜粋引用します。

 

集合意識というのは、あまり理解されていないが、極めて強力なもので、注意しないと個人の意識をはるかにしのいでしまう。

あなたの世界、そして世界のありようは、そこに住む全ての人たちの意識の集合の反映だ。

競争が不可欠で、勝利が最高の善とされている世界で満足している。

たいていの人は、自分と違うことがあると「間違っている」と決めつける。

意見や物事の不一致が、紛争や戦争で解決される世界で満足している。

(抜粋難しい。)

「ヒトラー」という経験が可能になったのは、(このような)集合意識の結果だ。

多くの人は「ヒトラーが巧みに大衆をあやつった」と言いたがる。

何もかもヒトラーのせいにしてヒトラーだけを非難すればすむ。

 

しかし、ヒトラーは、何百万人もの人々が協力し、支援し、服従しなければ、何もできなかった。

彼が人類に対して罪を犯したということではなく、人類が彼に罪を犯させたということだ。

誰もヒトラーを止めなかった。

分裂・分離・優越の意識、「われわれ対彼ら」、「こちら対あちら」・・・が、ヒトラー経験を創り出す。

 

聖なる友愛、統一、一体感。「あなたのもの対わたしのもの」ではなくて、「わたしたちのもの」という意識が、キリスト経験を創り出す。

 

どんな者でも、自分なりの世界モデルにてらせば、何も間違ったことはしていない。

ヒトラーも悪事を働こうとしていたのではなく、同胞のために善行を行っていると考えていた。

そこに多くの人が同調した。(ここが狂気だ)

 

 

と、集合意識の強さを「ヒトラーの経験」で説いているわけですが・・・

今もこの種の集合意識は強力に働いています。

家庭・学校・社会・国・世界・・・

集合意識は巧みに操られ、盲目的に私たち(大衆)は動かされている、と言ってもいいでしょう。

大衆はそこから逸脱することをとても怖れている。

その中に収まっていると安全だと思い込み、自分の判断力、生来の力を明け渡している。

 

そのような集合意識が歴史的にうごめき続けています。

 

いろいろな矛盾に気がつき始めた多くの人が(前から気づいている人も含めて)様々な視点から

「集合意識の質を変容させていこう」と具体的に働きかけています。

 

集合意識はいつまでもどこまでも存在しますが、「質」は変えられます。

勝ち負け・競争・異質排除・差別の集合意識の世界で生きるのか。

平和・平等・共存・個の尊重の集合意識の世界で生きるのか。

 

意識して私たちが選択するときが来ています。

 

*************************

ここで、集合意識について共感する記事を見つけたのでご紹介します。

「集合意識を味方にする」

 

************************

じゃあ、具体的にどうすればいいかというと、やはり、一人一人の在り方から、なんですね。

集合意識を変容させるのは、一人一人の意識からなんです。

人を変えるのではなく、社会と闘うのではなく、まずは自分自身の在り方の確認作業。

それも、心を解放させていく方向の・・・。

 

1人1人が、刷り込まれてきた「無価値感」「無力感」「自己否定」の世界観から

逆の刷り込みをしていくのです。

 

ある程度の段階が必要です。

 

その第一歩は「自分にダメ出ししている」ことに気づくこと。

そして「自己受容」すること。

「私よくやってるじゃん」くらいなら思えるかな?

それも無理だったら

「今日も一日生きた!」でもいい。

ほんのちょっとでも自分と仲良くなる考えを採用してください。

私の鉄板の自己受容ワードは、

「人間しているだけでもすごい!」です(笑)。

「私、ここまで人間してきた。すごい!」

 

喜びもね、どんどん味わって。

急に「海外旅行!」とか飛躍しなくていいから、

「あーお茶がうまい」

「お風呂あったかーい」

とか。

「風が気持ちいい」

とか。

小さなことでも、大きなことでも、喜びの尊さは同じです。

 

神(宇宙意識・源意識・大いなるもの)が最も喜ぶことは、

あなたがあなたと繋がること

あなた自身を愛し慈しむこと

喜びの中で生きること、です。

あなたの中にいる「神」と再会し対話して、一体になっていきましょう。

 

私が把握しているカウンセラーさんやヒーラーの方々は、この大切さを知り導いてくれます。

特別な力は要らないのです。

あなたがあなたと繋がることをサポートする人たちです。

私もね。

 

本当の自分と繋がる!と決めるだけで、求めるだけで、必ず「事象」や「ヒント」が降りてきます。

そして、自分の感性・感覚を指針に、矛盾や違和感を察知し、自分に正直な選択をする。

そのような次元で共鳴共振する人たちと繋がっていく。

それこそが、「怖れの集合意識」から「愛の集合意識」に変容させる大切な基盤となるのです。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。