「前に進むのが怖くなる」の奥には、「やっぱり私は至らなくて力不足で配慮が足りなくて図に乗って勝手なことばかりしてホントにホントにすみませーん!」がありました。

自分自身の探求だけでなく、クライアントさんの心の深いところから湧き出てくるピュアなエネルギーを発掘したときの感動も手伝って、

最近は「源」とか「宇宙意識」とか「神」とか「繋がる」とか躊躇なく書いています。

みーーーーんなの中にあるんだよね。

繋がるのに特別な能力は必要なくて、ただ自分と仲良くなる・自分の一番の理解者になる、ということなんです。

自分の存在そのままを受け入れたとき、自分に本当に必要なことは何かを「源」が教えてくれます。

「安心・喜び・至福ベースの日々」にシフトするにはここが鍵です。

 

でもね、自分を責めたり、足りないとか、ダメだとか思っているうちは繋がれません。

ここが難しいところなんですが、自分と仲良くしているつもりで実は

「自分で自分を低く見ている」

「自分で自分に条件を課している」

「自分で自分を責めている」

「自分で自分に制限をかけている」

ということを、ほとんどの人がしているんですね。

それで「本来の自分」と離れてしまい、

エネルギーの循環も停滞してしんどくなったり生きにくくなったりするんです。

 

でも潜在意識の優しさは

「その方向違うよ」と、「事象」という形でちゃんと教えてくれるところ。

そのときは辛いから「容赦なく厳しい」とも言えますが・・・はい、相当厳しいとも言えますが・・・

「あなたの本当と繋がり生きなさい」と、軌道修正をかけてくれるのです。

 

だから、心の探求の第一歩は、

「あ、私は自分の味方になっていない」

「自分をダメだと思っている」

「自分を責めている」

「自分に制限をかけている」

に気づくところからはじまります。

 

で、やっとここから本題なんですが、

今日たまたま見かけた過去記事が

「自分に制限をかけていることに気づいた」

という内容で面白かったので、リンクします。

とんでもないエネルギー・ビリーフが宿っていました。

このビリーフは結構根深くて、何度も何度もテーマとして浮き出てきました。

その威力は当時100%だとすると、コツコツ溶かして今は5%くらいかな。

もう自覚しているから勝手に作動させずに済んでいます。

↓読んでみてね~

「わー、こんなビリーフが!Σ(・ω・ノ)ノ」とビックリした話。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。