ここで生きる私たちの最も大切な使命は・・・とても単純なことだった

神様に感謝する、ご先祖様に感謝する・・・

宗教関係の講和や、そうでなくても、様々な場で聞かれる言葉ですね。

私自身は「その気持ちを持つことは大切だよね」と思っていても、お墓参りや仏壇に手を合わせる行為は形式的で心がこもっていませんでした。

込めているつもりだったけど込めているうちに入らなかったなあ。

そう気づかされたのです。

 

19日に終了した「不登校無料カウンセリング」、ここ最近の通常のカウンセリング、「本質のエネルギーを体感する・統合するワーク」セッションでは、共通のテーマを持つクライアントさんが何人かいらっしゃいました。

それは、「家族・家系の連鎖」。

その人の心に埋め込まれている「怒り」や「悲しみ」が、単にその人のものであるだけでなく、ご家族(上の世代の方々)の遺された「念・思い」を継承している、というものです。

家族の中でも継承しやすい体質の人が影響を受けやすい、というのがあるみたいです。

その連鎖は下の世代に引き継がれるごとに積み重なり強化されていき、生きているのもつらいほどに「存在否定」の感覚にさいなまれたり、不登校という形でお子さんに表れたりする。

 

私自身は今までの探求の中で「家族の連鎖」がテーマとして浮き出てくることがなく、「連鎖」をテーマとするクライアントさんと出会うこともなかったのですが、ここにきてトントントン、と、出会いました。

連鎖の念を明るみにし浄化するためのメソッドもありますが、今回はそれを執り行うことが叶いません。

しかし、だからと言って手も足も出ないというわけではありません。

 

全ての根幹に必要なものは「愛」なんですね。

だからこそ、連鎖する「念」に対して愛を持って(乗せて)祈る、ということは出来るのです。

 

私は無宗教ですし(強いて言えば自分教)特別な力があるわけでもありませんが、「祈り」は、誰もがいつでもどこでもできる行為であり、宇宙全体に届く、と、解釈しています。

だからと言って私自身、日常茶飯事祈り続けているわけではないですし、祈るということについてあまり意識を置いていなかったのですが・・・ここ最近のクライアントさんから感じ取った「連鎖の念」には、心から祈りたい、祈らせてほしい、と思わされたのです。

 

「家族(家系)の念かしら」という私の見立てが当たっているとか外れているとかはどうでもいい。

なぜならば、上の世代に遡れば遡るほどにに、ご先祖様たちはその厳しい時代の中で心のままに生きることが実際叶わなかっただろうから。

戦乱の世の中に翻弄されるなど、悔恨の念や怨恨の念、自責の念・・・壮絶な思いを味わいながら生涯を閉じるご先祖様がきっといらっしゃったであろうことは、想像に難くありません。

潜在意識には宇宙規模の情報が埋め込まれていると私は解釈しているのですが、その中にご先祖様の念(プラスであれマイナスであれ)が含まれていても不思議はないし、集合意識には人類の念が埋め込まれているであろう・・・それは心の分野やスピリチュアルな分野で既に言われていることですが、私はここにきてやっと、数人のクライアントさんと向き合うことで実感したのです。

 

この「祈り」に関しては、対面セッションが叶った一人のクライアントさんには伝えることができました。

その方の祖父にあたる方は生前、その役職から常に「聖人君子」であることを全うされ、「ネガティブ」を封印して生き抜かれたそうなのです。

その封印された「ネガティブ」の要素・・・大きな悲しみ・・・をクライアントさんが背負われているということが明るみになり、共に祈らせていただきました。

クライアントさんの中で感情が出てきて涙を流されました。

おじいさまに届いたのかな、そうだといいですね、としみじみとしながらセッションを閉じました。

 

このようなプロセスを見せていただき、私自身のご先祖様にも感謝の気持ちが湧きあがりました。

それぞれの時代を生き抜いて、課されたであろう試練を乗り越えながら脈々と命を紡いでくださったことに。

ここまで紡いでくださった全ての命に。そのような壮大な流れの中に私が今「在る」ことの奇跡に。

そこに思いをはせると感謝しかありません。

 

だから何ができるかというと、

私たちは「脈々と受け継がれた命」として、「今ここ」で、この生を全うする。

陰陽受け入れて全ての感情を味わい尽くしながら「自分という存在」と繋がって生きる。

もっと簡単に言うと、「自分を大切にする」。

それこそが、ここで生きる私たちの最も大切な使命と言えるのではないでしょうか。

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。