「カウンセリング後、不安感が大きくなる」のはOKです

単発セッションを受けられたクライアントさんから

「カウンセリング直後はスッキリしたのに、不安感が大きくなって困っている」

という主旨のメールが来ました。

 

なのでこのようなことを返信しました。

 

それはプロセスとしてOKなのです。

心の深いところにアクセスし、泣いているインナーチャイルドと出会いましたね。

あなた自身が「そうだったんだね」とわかってあげて寄りそうことで、その子は穏やかになりました。

そのチャイルドちゃんの正直な思いが、日を追うごとにどんどん出てきているのです。

 

カウンセリングを受けた後に

  • 今まで気にならなかったことが気になったり
  • 「ちょっと苦手な人」が我慢できないほど嫌になったり
  • 見過ごせたことが見過ごせなくなったり
  • なんか知らないけど(ちょっとしたことで)急に寂しさが押し寄せてきたり
  • なんか知らないけど(ちょっとしたことで)急に怒りが湧いてきたり
  • 不安感が大きくなったり

そんな感覚が生じたら。

 

これ、心の蓋が開いた、ということなんです。

しまいこんだ「本当の思い」が泉のようにこんこんと湧き出てきている証拠です。

あなたがインナーチャイルドを受け入れれば受け入れるほどに、「置いてきた本当の思い」が噴出します。

だからこの現象は「良かったね」「本当に、本当に、良かったね」なんです。

 

この心の仕組みを知らないとクライアントさんは戸惑うので

単発セッションの方にはセッション終盤に

インナーチャイルドとの付き合い方を伝えたりもするのですが、

実際そうなってみないと実感は伴わないのですよね。

 

私のセッションはインナーチャイルドを掘り起こす確率が高いので、

今年もクライアントさんたちが沢山のチャイルドちゃんと再会しました。

 

それで余計に不安になった人は・・・

ここまで来たら「余計にワガママになってしまいそうでヤバい」と封印しようとせずに

ぜひこのまま、インナーチャイルドを受け止めるためにさらにご自身の枠を外していって欲しいな、と思います。

 

*****************

インナーチャイルドをどう扱うか・どう付き合うかについてはいくつか面白い説に出会いました。

一つは、

インナーチャイルドに気づいてしまうと

「親のせいで~~ヽ(`Д´#)ノ 」とか「あいつのせいで~~ヽ(`Д´#)ノ 」と

憎しみの気持ちが増幅されてしまうから出会わない方がいい

というのを動画で見たことがあります。

もう一つは、

インナーチャイルドに寄りそい癒した後に、

「もうどこに行ってもいいよ」と自分の中から解放してあげる

という意見。これも動画で見ました。

 

それぞれにご自身の実感からおしゃっていることなので

「その人にとっての真実」と言っていいでしょう。

 

私自身の実感からインナーチャイルドとの付き合い方について語らせてもらうと、

分かってあげて寄りそって癒して

チャイルドちゃんが穏やかになったら

今度は「どうしたいのか」を聞いてあげて

チャイルドちゃんの「こうしたい」を出来る限り叶えてあげて

どんどん元気にしてあげて(体感覚でわかります)

ワンダーチャイルド(制限のない子どものエネルギー)に変容させて

自分の中のエンジンとして搭載させる。

 

私自身がそんなプロセスを踏んできたので・・・

 

このエンジンは強力です。

あなたの「本当に望むもの」を知っているし、その方向に導いてくれます。

 

だから、セッションでインナーチャイルドに出会ったら(再会したら)、

もっともっとご自身の枠(古い観念)を外して

あなたの中のチャイルドを大切にして共に歩んでほしいなと思います。

ワンダーチャイルドのエンジン搭載と、もっとその先まで

心の伴走が出来たらいいな、と

半年または1年の「オーダーメイド継続カウンセリング」というメニューを立ち上げました。

詳しくはトップページのメニューからご覧ください。

じっくりと、確実に、ご自身の人生を自分のものとして歩んで行きたい人にオススメです。

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
あなたとあなたの魂を繋げるカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

我が子の不登校をきっかけに心理に興味を持ち、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後も「いのち・魂」をテーマとする自己探求を続け、「魂と繋がり軽やかに生きる」カウンセリングを提供している。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。