元日に夫にしがみついて泣いた後に大きなビリーフをリセット。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年末は堕ちていました。

「あれれ、あれれ」と、コントロールが効かないままどんどん気分が堕ちていくんですよね。

クリアリングし続けているので反応するパターンからいろいろ脱してはいるのですが

  • 「新しい(まだ向き合っていない)気づき」がやってくるとき
  • ちびちび地道に削ぎ落し続けているものが一気に統合されるとき

さらなる違和感や堕ち込みはやってきます。

今回は後者、

ちびちび地道に削ぎ落し続けているものが一気に統合されるとき

が来たようです。

 

昨年はこんな感じでした↓

安心して堕ちていられる話。
ここ数日、私は「全てがうまくいっていないような」感覚に襲われて

なぜかネガティブ要素ばかりに目が行って

「生きるのが辛い」

「お金が怖い」

「どうせ私はたいしたことないし何もできない」

と気分が堕ちていきました。

とこの時の心境を語っています。

「感じきるワーク」をやって一度は収まりました。

 

後から紐解けたのですが、

堕ちる引き金となったのは、息子の大学が決まったことでした。

喜ばしい出来事なのになぜなのか?

そこには健気な愛の物語がありました。

**********************

元日朝。

早起きする必要もなくゆったりと布団の温もりを味わいながら

隣で横になっている夫といろいろ話をしました。

時間を気にせず夫と話せるのは久しぶりです。

 

大学が決まった息子の話になりました。

一人暮らしの準備のこと

アパート決めのこと

 

そして、大学の費用のことに話が及んだら

私の胸がモヤモヤと疼き始めました。

私立で学費が高額になり、

私はなんとかできないかと思案するものの、

夫はあっさり「奨学金で」と言う。

 

わかる。理屈ではわかる。

奨学金で大学に行った夫にとってはあたりまえのこと。

奨学金を利用している人はこの世の中にたくさんいる。

大学の費用は自分で賄うのがあたりまえという国もある。

息子も承諾している。

それでいいじゃないか。

なのになぜ私はこんなに揺れ動くのだろう。

 

どんどんはっきりしてくる。

 

私の両親は共働きで

父が子育てや家事のフォローをすることで

母が仕事を辞めることなく働き続けることができ、

男性並みの収入があった。

私の年には「長」とつく役職になり活躍していた。

 

見事な夫婦の助け合い・コンビネーションだった。

 

おかげで私は音楽の道に進むにあたり

グランドピアノとか

高いレッスン料とか

高い学費を

あたりまえのように出してもらい学ばせてもらった。

 

私の行きたい道に口出しせず反対もせず

お金のことは何も言わず

「そうしたければそうしなさい」と

当然のように支援してくれた。

 

とてもとてもありがたかった。

 

だから私も、そんな親になりたかったのだ。

我が子が進みたい道をしっかりと支援してあげたかったのだ。

 

でもそれが叶わない私がいる。

 

息子に奨学金を背負わせる形になる(←「背負わせる」という表現はビリーフなんだけど)

私の力が及ばないから(←これもビリーフね)

 

この申し訳ない感じがドクドク出てきて泣けてきた。

夫の腕にしがみついて泣いた。

いっぱいいっぱい泣いて沢山涙を流しました。

 

それを観察する私が

「そうかそうか。お父さんお母さんのように、自分の子供にしてあげたかったんだね。でもできなくて悲しいんだね」

と寄り添います。

(夫にしがみついて泣けるようになったのは私のインナーチャイルドがかなり癒されている証拠でもあり感慨深いのですが、そこは後ほど書きます。)

 

***************

そして起床して鏡の前で身支度を整えながらしみじみ思いました。

「あ~、私はどんだけお父さんお母さんが好きだったんだ。お父さんお母さん大好きだーーー!ありがとう~~~~~」

と涙を滲ませていたら気づきがどんどんやってきました。

「あーー。私、力を持たなくちゃって自分を強いていたんだ。力のない私はダメにしていたんだ。」

 

そしてはっきりとしたビリーフ(防衛ビリーフ)が顕在意識に浮き出てくる。

「(母のような)力を持たない私は存在する意味がない」

これがインストールされていたんだ~~~~!(((;゚д゚;)))

巨大だ。かなり巨大。

息子が大学が決まって喜ばしいことなのに、力を持たない私が浮きぼられ、

このビリーフが作動して「何もかもうまくいかない」感覚に陥っていたんだなー

 

おめでとう、紐解けて良かったね、私♪

自覚できればビリーフの威力は半減します。

枠から解放され自由度が増します。

 

このビリーフから受けた影響や、今後どのように解放されていくかは

続く~~~~(と思う)

 

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。