ちゃんと怖がる。ちゃんと悲しむ。ちゃんと怒る。

心の仕組み・心理を学び始めてしばらくの間勘違いしていたのは、

心をクリアリングしたらネガティブが収まると思い込んでいたことです。

 

でも今は違います。

ネガティブを認めてこそのクリアリングなんだ、ととらえています。

 

つまり、

怖かったら、ちゃんと怖がる。

「怖い、怖い」と口に出して言ってみる。

その身体反応を味わう。

 

悲しければ、泣く。メソメソ泣いていい。大声で泣いてもいい。

これ以上泣けない、というまで泣き続けてあげる。

涙を流し切ってあげる。

 

怒りが出てきたら、ちゃんと怒る。

相手に向かって、ではなく、(相手は自分の心が創り出しているものなので)

一人の空間で大声をあげてもいい。毒舌を吐いてもいい。

クッションなどを叩いてもいい。地団太踏んでもいい。

 

それを徹底的にやると、外側の出来事はただの出来事で、

奥底に潜む「反応の種」が共振しているだけなんだな、ということを実感します。

 

その「反応の種」こそが、光をあてて欲しいとSOSを送り続けてきているもの。

救済するべきエネルギーなのです。

 

分かりやすいところではインナーチャイルドですが、

様々な(宇宙規模の)情報が私たちの心にはインストールされ、

必要なタイミングで「気づき」が促されます。

 

そのSOSが顕在意識の私たちに届くように外側の出来事が起こる。

だから私たちは、出来事から自分の中の「もう気づいて」というSOSをキャッチする。

 

そのクリアリングが進めば進むほどに、

この世界の「今ここ」・つまり満たされている世界を味わえるように

感性がシフトし、自由に生きられるようになります。

 

私もまだその途上です。が、

このことに気づいてから、いつもクリアリングを実践しています。

その具体的な様子はメルマガに綴っているので、

心オタクの内観を垣間見てみたい・参考にしたい、という方は

登録してくださいね。

解除も簡単にできるのでお気軽にどうぞ~

 

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。