思い通りにいかないときは抵抗せずゆらゆらと

心の仕組みが分かっていても、「こうすればいいのに」と理屈で分かっていても、どうにも心が晴れないときは。

抵抗するのをあきらめるしかないですね。

今、私はそんな状態でいます。

参考になりそうな記事や本を読んでも響いてこないし、浮上できないものは出来ないのです。

「そんな自分はダメなのだ」と自分をジャッジするクセはかなり低くなっているようです。

カウンセラーたるもの・・・という理想論も横に置いといて。

「なんとかしようとするの、やーめた」と、ただゆらゆらと過ごしています。

 

物事が思い通りに運ばなくて残念に思っている私がいます。

でも、わかるんです。

「思い通り」というのは私のエゴで、「残念に思う」のは、私の未だ囚われている執着からきているんです。

心が晴れないのは、やはり「周りが原因」ではなくて「私が原因」なんです。

「ああ、まだこんなことに囚われているんだな」という気づきがありました。

相当しつこい執着です。切り離すの難しい。

「もういい加減そこから脱しなさいよ」ということなのだと思います。

 

私が原因していると分かっていても、今日は周りをなんとかしようと少し抵抗しました。

抵抗しても変わらないことが分かっていても、抵抗したくなる自分がいました。

無駄だと分かっていてもそうせずにはいられなかった。

それさえも「そうしたかったんだからしょうがない」なんですね。

 

で、どうにもならなくて、「あ、抵抗するのやめよう」になりました。

周りをなんとかしようとするのをあきらめるんです。

沈んだままの心の状態をそのままにしておくのです。

 

この状態、そんなにイヤではありません。

今まで何度もこのような場面に遭遇し、その次にやってくるのは

「新しい視界」だと知っているので。

そこが信じられるので、抵抗をあきらめた後はかえって心が安らかになります。

必要以上に頭でストーリーを作らず、ただ在るだけの状態にとどまりプロセスを信じる。

 

「新しい視界」を得ると「思い通りにいかない」の「思い通り」の設定が変わるので、とらえ方が変わるのです。

「思い通りにならない(問題である)」→「なんとかなる」→「なんとかなっている(問題ではない)」への気づき。今回もそんな道筋をたどるのだと思います。

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。