頭で考える子育て論では到達できない、ビリーフを・心を学んだからこそ至れる境地~フォローアップ会でした~

10月に自宅サロンで開催した「お母さんのためのビリーフリセット心理学 入門講座」に参加された方々を対象としたフォローアップ会。その第一回目が終了しました。

これは、「今後も継続的に集まりたい」というご希望をいただいて継続3回で企画を立てたのですが、やってみて良かったです。

 

この目的は「講座で学んだことの復習・定着・刷り込み」。

学んだときは「よし!」と思っても、日常にもどると忘れてしまったり新たな疑問が出て来たり。

それぞれの出来事や心の状態をシェアし合いながらシナリオのないディスカッションを進めます。

心の深掘りが・・・怖い・不安

ビリーフリセット心理学の講座に参加した方々はみなさん心の蓋が開き、より繊細に心が動くようになります。

「感じる」ことを取り戻し始めるのです。

感じることさえ麻痺させている人も多い中、「感じる」ことの取り戻しはとてもとても喜ばしいことなのです。

が、戸惑いも出てきます。

今まで我慢できたことが我慢できなくなったり、スルーできたことができなくなったり。

そして、見たくないもの(心に蓋をしていたもの)が見えてきたり・・・。

 

心の蓋の下に何があるのかを見るのは、始めのうちは勇気が要ります。

この先どうなるんだろう、と不安に思うという声もありました。

しかし、ディスカッションを続けているうちにやっぱりそこは見なくちゃなんだな、と・・・

徐々に肚が据わってきます。

蓋を開けるタイミングが来たんだ。そのための悩みだったり辛い出来事だったりしたんだ。

ということが、腑に落ちていくからです。

癒しの涙

必要な部分は解説しながら心の仕組みの理解をさらに深めていきます。

話を聞きながら、ディスカッションしながら不意に涙を流される場面もありました。

思いもよらない涙なんです。あれれ?なんで?というところで涙が出る。

それは、自覚できない心の奥(潜在意識)にヒットし揺れ動いたからなんですね。

その涙は蓋をしていた何か(インナーチャイルドなんですが)に到達して流れる涙。

癒しの涙。流したくても流せなくてずっとしまい込んでいた涙。

 

子供は「お母さんが心に蓋をしているもの」を見せてくれている

ここもお母さんたちは理解されました。

すると、子供に対して「可愛くない」とか「困る」にとどまっていた視点が一気に広がります。

「私の育て方が悪いのでは」とか、「もっちきちんとしなくちゃ」という窮屈な感覚から抜け出せます。

頭で考える子育て論では到達できない、ビリーフを、心を学んだからこそ至れる境地です。

 

お母さんたちの探求心に敬服いたします。

第2回目も楽しみです。

今後も「お母さんのためのビリーフリセット心理学 入門講座」は開催します。

日程が決まり次第お知らせします。

 

こちらの講座は高崎で開催します。↓

不登校の子を学校に行かせることが本当に正解なの?「子供の本質を開花させる母さん塾」開催します。

 

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

娘の不登校をきっかけに心の探求を続け、大塚彩子さんhttp://www.sonorastudio.net/
考案の「ビリーフリセット理論」を軸としたカウンセリングを展開中。誰もが持っている「無垢の心」を引き出し、本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

ビリーフリセットカウンセリング受付中

悩みの根源となるビリーフ(思い込み・信じ込み)を見つけ出しリセット(初期化)するカウンセリングです。問題の根底にアプローチするので根本的な改革・変容が期待できます。