「嫌っていた女性性のエネルギーから体感したものは・・・」〜本質を体感する・統合するワークのご感想〜

ビリーフリセットカウンセラー仲間の堀江さなえさんもこのワークを受けられました。

受け入れがたいと感じていた「女性性」についての気づきがありました。

このワークは(セッション全てに言えることですが)何が起こるか・どんな気づきが起こるかの

シナリオが書けません。

私なりの意図するところはあるのですが、ほとんどが、その通りになりません(笑)。

その人独自。

それがいいのです!それが醍醐味でもあります。

だからこそ、潜在意識への興味が尽きません。

 

セッションを希望した動機

ビリーフリセットの先輩でもあり、先日のジャーニーワークのセッションでも

お世話になったこともあるかずこさんが言う「本質」というのを体験したく申し込みました。

 

セッションの感想

結論から言うと、いろんな本質を人は持っていて、

そのどの面も持っていて良い、ということに気がついたセッションでした。

 

私が嫌っていた存在は、女の性的な部分を簡単に切り売りする

なよなよとした軽薄な女で、ピンクのグニャグニャとして表れました。

しかし実際に体感してみると、案外軽々しくも、女々しくも、混乱もしておらず

軽薄ですらない、どっしりと安定感のある、明晰な知性としての存在でした。

 

私にとって受け入れがたい女性性と思っていたものが、ただの思い込みで

実は、人類にとって「神聖」な部分であることが実感できました。

潜在意識下で、女性である自分を卑下していたんだなと気がついたと同時に

集合無意識的なビリーフであることも感じました。

なにがどうなったと言い難いセッションで、感想がとても伝えにくいのですが

なにか、いま取り組んだほうが良い課題や、

新たな方向性を見せてくれるセッションでした。ありがとうございました。

 

ビリーフリセット協会認定カウンセラー堀江さなえ
https://horiesanae.mars.jp/

 

本質を体感する・統合するワーク」の詳細はこちら

 

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。