心に抑圧してきたものを解放することの大切さ(オーダーメイド継続カウンセリングより)

今日は、オーダーメイド継続カウンセリングを受けられているMさんの3回目のセッションについて、

ご本人の許可を得てシェアさせていただきます。

生きにくさを克服するためにいろいろな情報を得たり試したりしてきたものの、

やはり自分の心を見る必要がある、しかも長期的に・・・

ということを実感されてのお申込みでした。

 

情報を得ることは大事です。

知識も知っておく方が参考になります。

スピリチュアルな教えは一時的でも良い気分になりますし

私も適宜取り入れています。

しかし、

どんなに学術的なことも、ホッとする情報も、

心に関してはドンピシャと自分事としてあてはまることはありません。

 

「心」はその人オリジナルのエネルギー・性質がありますし、

そこに何があるのか、どんな背景があるかは千差万別。

ここをたどれば・・・という決まった道筋はなく、

最終的には自分独自に切り開いていくものだなあということを実感しています。

 

外に答えはないのです。

常に自分に問いかける必要があります。

だからこそ「嘘偽りのない本当の自分の感覚・感性」を取り戻す必要があるのです。

 

私のカウンセリングやメニューも

必要と感じるときの通過点として、「ご自身を知る」ツールとして、大いに活用してもらう。

そんなスタンスでいます。

(通過点というスタンスでありながら、その人とその人の魂をアクセスする、ということを常に意図しています)

 

*******************

Mさんは心が揺れ動いてしばらく辛い日々が続きました。

それは、1回目、2回目のカウンセリングを終えてからです。

これは良いことなのですが(「カウンセリング後、不安感が大きくなる」のはOKです)、

その知識がないと、余計に悪くなった・もとにもどってしまった、と勘違いしてしまいます。

 

感情が噴き出ているときは潜在意識から「もうこれを見るときが来ているよ」という合図。

押し込められていたエネルギーが「もう限界だ!」とパンパンになり外に出たがっているのです。

 

これはご本人にとって辛いことなんですけど、チャンスなんです。

 

3回目のセッションで行ったメソッドは「LPL式ジャーニーワーク」

そのとき最も必要なことを潜在意識が見せてくれます。

この日、Mさんにハッキリしたものをすぐに見せてくれました。

 

それは、中学生のインナーチャイルドと5歳のインナーチャイルドでした。

マインドフルネスになってMさんはそのエネルギーとアクセスしています。

その姿はかなりハッキリと見えていたようです。

 

中学生のチャイルドは相当怒っていました。

親に自分の気持ちを聞いてもらえなかった。

本当は聞いて欲しかった。受け止めて欲しかった。

 

それは、抑圧してきたMさんの本当の感情。

表に出すと親に余計に否定されるから、しまっておくしかなかったんです。

 

どうしであげればいいかは、大人のMさんが一番よく分かっています。

だって、ご本人だから。

「そのまま怒らせてあげたい」ということでした。

中学生のMさんとのコミュニケーションは大人のMさんにお任せして私は待っていました。

中学生のMさんは「ありがとう」と言って消えたそうです。

 

5歳のインナーチャイルドは落ち込んでいる姿を見せました。

コミュニケーションは大人のMさんにお任せです。

やがてチャイルドちゃんはMさんに「おもちゃ買って」「お菓子が欲しい」と

要求してきました。

そして、理想のお母さんを呼んで思う存分甘えさせてあげたそうです。

そして満足して消えていきました。

 

*************

マインドフルネス状態から戻ってきたMさんの表情はとてもスッキリとしていました。

2人のチャイルドは消えたと言っても身体の中にいる感覚があるそうです。

この子たちが出せなかった感情を流してあげて受け止めて、これからは共に生きていく。

(実はこの子たちの存在がその人の味方になってくれる)

 

最近のMさんは大きな感情の揺れ動きはなく

様々なことがニュートラルになって心身共に楽になっているそうです。

 

*****************

「本当の・そのままの自分」とイメージしたときにドキドキしたり

絶対にバレてはいけない・見せてはいけない・・・という、見たくないところ・

できれば一生蓋を閉じたままにしておきたいところ・・・

そこに真実があります。

 

「あってはならない」と抑圧してきたものをご本人の大きな納得感や理解と共に救い出す。

この先には、ここを通過して初めて感じられる世界が待っています。

その大切さを伝えたくて、Mさんのセッションを書かせていただきました。

Mさんありがとうございました。

 

投稿者プロフィール

あらいかずこ
あらいかずこ
ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター・ビリーフリセットカウンセラー・ピアノ講師・愛猫家。

子どもの不登校をきっかけに心の探求をはじめ、大塚あやこさん考案の「ビリーフリセット心理学」認定カウンセラーに。その後、その人本来の力を取り戻す「ワンダーチャイルド発掘統合ナビゲーター」として活動中。
カウンセリングのお申し込みはメニューからどうぞ。

カウンセリング受付中

ビリーフリセット・他の様々な手法を用いて問題の根底にアプローチするので、根本的な改革・変容が期待できます。